金村美玖、丹生明里、渡邉美穂 (C)モデルプレス

写真拡大

【モデルプレス=2020/11/14】日向坂46の金村美玖、丹生明里、渡邉美穂が、埼玉県民の日である11月14日、同県内で開催された「埼玉150周年1年前イベントオープニングセレモニー」に出席。イベント後、囲み取材に応じた。

【写真】けやき坂46の2期生“埼玉が生んだ怒涛の起爆剤”渡邉美穂がドラマ出演権を勝ち取る!ベリカ(渡辺梨加)、ベリサ(渡邉理佐)…次は“ベミホ”だ<モデルプレス独占インタビュー>

◆金村美玖、埼玉県で「すくすく育つことができた」


ともに埼玉県出身で、新たに埼玉応援団に加わることとなった3人。セレモニーに登壇した金村は、埼玉県の魅力を聞かれると「パッと思いつくのは、埼玉県の住みやすいところと言いますか。このように、見ていただければわかるんですけど、すくすく育つことができたので(笑)。私だけが知っている埼玉のこととかもあると思うので、もっともっと発信して、埼玉のことを知っていただけたら嬉しいです」とコメント。

◆丹生明里・渡邉美穂も埼玉の魅力アピール


渡邉は「埼玉県民の皆さんが、自分の地元だったり、埼玉のことを大好きで、愛してやまないって、ひしひしと伝わってくるのって、すごく素敵なことだなと思うので、私たちも埼玉の良さとか魅力を、他の県の方だったり、全国、世界に伝えていけるように頑張っていきたいなと思います」とニッコリ。丹生は「私も埼玉に住んでいるんですけど、埼玉を観光するのがとっても大好きなので、素敵な場所やご飯を、沢山の方に伝えられたらいいなと思っております」と意気込みを語った。

◆丹生明里、埼玉のおすすめグルメを紹介


囲み取材では、丹生は「秩父がとても大好き」と言い「みそポテトっていうB級グルメがあるんですけれども、本当においしくて、でも秩父とかの方でしか買えなくて。秩父で買えるからこそ、周りの観光スポットとか、どんどん楽しめる」と紹介。「もっともっと楽しめる場所がたくさんあるので、たくさんの方に埼玉に足を運んでいただけたらいいなと思っております」と力説した。

◆日向坂46、ハライチ澤部佑とも埼玉トーク


埼玉応援団の先輩である澤部佑(ハライチ)に話が及ぶと、渡邉は「レギュラー番組でご一緒させていただいているんですけど、やっぱり収録の合間とかになると、埼玉トークが弾むというか(笑)。本当にローカルトークですっごい盛り上がるので、そういうのって埼玉出身だからこその強みなのかなって思う」としたうえで「埼玉県出身の芸能人の方って、すごく多いなと思うので、そういうところでのつながりだったりっていうのは、これからも大切にしていきたいなと思います」と笑顔で話していた。

◆丹生明里、春日俊彰との憧れ明かす


また、同じく埼玉県出身の春日俊彰(オードリー)について振られた丹生は「おこがましいんですけれども、春日さんとかと一緒に、埼玉応援団として、埼玉の観光地をめぐるやつをやって(笑)。『ここにはこういういいところがありますね』っていうのを、どんどんPRしていくことができたらいいなっていう憧れがあります」と展望を明かしていた。

イベントにはピエール中野(凛として時雨)も参加した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】