作品への思いが強く、思わず涙する松井玲奈=東京・新宿バルト9(撮影・三好信也)

写真拡大

 女優の松井玲奈(29)が14日、都内でアニメ映画「魔女見習いをさがして」公開記念舞台あいさつに、ともに声優を担当した森川葵(25)、百田夏菜子(26)、三浦翔平(32)らと登場した。

 人気アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年記念作品。かつて「−どれみ」好きだった女性3人が、アニメゆかりの地を巡る旅を描く。

 幼少期から愛してやまない作品への出演がかなった松井は「どれみちゃんたちがいてくれて本当にうれしいなと、あらためて思うことができました。ずっと心の支えだったんだなと思います」と思いを口にすると、思わず感極まって涙。「泣きたくないのに〜ネットニュースでたたかれる〜」とジョークで場内の笑いを誘いつつ「この映画はいろんなスタッフさんだったり関わって下さっている方の魔法でできていると思います」と力を込めた。

 森川は「−どれみ」シリーズを「人生の楽しみを教えてくれた存在」とし「一番初めに見たアニメなんじゃないかな」と説明。子どもの頃に聞いていた声優陣とともに登壇し「幸せですよね。夢か現実かわからないくらい」と喜んだ。

 百田も「初めて夢中になって見た作品。おんぷちゃんに会って初めてアイドルというお仕事を知ったり、クリスマスにサンタさんに『おジャ魔女どれみ』の一輪車を頼んだり」と思い入れを披露。今作への出演で「毎日、メンバーにチケットをくれと言われる日々が続いていますが、自分で買ってくれと」と、ももくろメンバーからチケットをねだられていることを明かして笑わせ「それくらいみなさんが楽しみにしている作品。今日が迎えられてとってもうれしいです」とほほ笑んだ。