創価学会から「自民党を支援したくない」と大変厳しい批判が(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 公明党の石井啓一幹事長は13日の記者会見で、公職選挙法違反に問われた河井克行元法相の選挙区の衆院広島3区について「連立与党として議席確保のため、公明党が擁立するのもひとつの案ではないか」と述べた。公明党の支持母体の創価学会から「自民党を支援したくないとの大変厳しい反応がある」というのがその理由。河井について「職にとどまる資格はないのではないか」と語った。

案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

 これに対して、自民党広島県連や広島が牙城の岸田派は猛反発。創価学会は菅首相と親密な関係にあるだけに、自民党内には公明党の動きを巡って疑心暗鬼が広がっている。

 自民党サイドは候補者を公募で選ぶとして、県連は1カ月以内に選定作業を終え、年内に党本部に公認申請する方針を決めた。