【写真:Getty Images】

写真拡大

 UEFA公式ツイッターが、インテルが今季のレアル・マドリード戦で決めたスーパーゴールを紹介した。

 チャンピオンズリーグでレアル・マドリードと対戦したインテルは、アウェイで2点を先行される厳しい展開。そんな中で、スーパーゴールが生まれた。

 ブロゾビッチからのパスをペナルティーエリア右手前で受けたのバレッラは、自身に相手センターバックのセルヒオ・ラモスが食いついたことを感じ取り、ダイレクトのヒールパス。セルヒオ・ラモスが出たことで生まれたスペースを生かし、ラウタロ・マルティネスが冷静に決めた。

 成長著しいバレッラと、インテルの10番が魅せた完璧な一撃。このレアル・マドリード戦は最終的に2-3で敗れたものの、インテルの明るい未来を予感させる一発は必見だ。

text by 編集部