攻めて良し、守って良し。バランス感覚抜群の“軍師”の采配がこの夜も冴え渡った。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」11月13日の第1試合で、EX風林火山・勝又健志(連盟)今期3勝目を獲得した。

【動画】攻守自在!勝又健志の巧みな麻雀

 この試合の対局者は渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、勝又、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)の並びでスタート。

 勝又は東2局、親番で前原とのリーチ合戦を制して1万2000点の先制。その後、利き腕の右手を負傷し、左手で戦う“スイッチヒッター”の小林から猛追を受けるも、トップ目のまま南入。南1局にソウズの染め手へ仕掛けを入れると、中・ホンイツ・ドラ3の1万2000点を再び前原からアガってダントツに。この仕掛けはまさに“軍師”らしい妙手。ソウズのホンイツながら早々と役牌の南や9索を河に置き、その後にピンズを払ってのホンイツテンパイ。他家から見れば正体がわからず、手が進行していた前原が、吸い込まれるように放銃となった。これには視聴者も「9索を切った勝又が上手かったな」「えげつねえ」「タンヤオに見える」と勝又の策略への賛辞を投稿していた。

 南4局は親の小林にまたも追撃を受けたが、最後は自分でアガリ切って勝負あり。今期2勝目を獲得した。これで勝又は今期9戦して2トップ。そして2着が5回と抜群のパフォーマンスを見せている。

 インタビューでは「嬉しいです」と笑顔を見せてから、試合の振り返りを求められると「どうですかね、良いところ、悪いところ、両方あったと思います」と答えた。南1局のホンイツの場面については「絶対にホンイツというわけではなく、ドラより先に中がポンできた場合は1・4筒でテンパイを取るつもりだったので」と説明。何が何でも満貫が必要という状況ではなく、ポイントに余裕があるからこそ取れる戦い方であったことを明かした。これには視聴者も再度多数のコメントを投稿、「おぼえてんなぁ」「勝又の打ち回し好き」「記憶しっかりしてんねぇ!」と賑わった。

 勝又は勝っていても負けていても、基本的にはクールな男。しかしこの日は快勝にやや言葉も熱を帯び、「まだ序盤戦。これからも自分たちらしい麻雀で、500、600ポイント目指して頑張っていきたい」と、さらに大きなリードを築くと宣言。600ポイント以上を勝又一人で稼ぐようなことがあれば、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)がシーズン開幕前に語っていた「+500ポイントで個人MVPを取る」を凌ぐもの。その先は当然、悲願のリーグ優勝も見えてくる。

 チャンス手をモノにして、リードしてからのメリハリの利いた戦いぶりに、この中継を解説していた渋川難波(協会)は「ゲームメイクができる選手。勝又さんは点棒を持たせたら本当に強い」と、軍師の手腕を褒めていた。

【第1試合結果】

1着 EX風林火山・勝又健志(連盟)5万8000点/+78.0
2着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)3万8000点/+18.0
3着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)1万4600点/▲25.4
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)−1万600点/▲70.6

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)