宮本亞門 撮影:福田栄美子

写真拡大

単館上映から口コミで評判が広がり、大ヒットした映画『チョコレートドーナツ』が、初めて舞台化されることになった。

宮本亞門インタビュー写真を見る

70年代のアメリカで社会の規範と闘うマイノリティの姿は、差別や分断が深刻化する21世紀のいま、より切実に胸に突き刺さる。原作映画の監督と意気投合し、演出を託されたという宮本亞門に、意気込みを聞いた。

自粛期間を経て挑む、5年越しの企画

――新型コロナウイルスは、舞台芸術界にも多大な影響を及ぼしていますね。

「精神的にも、不安になったり脆くなったりする人が増えていますよね。こういう時に、自分の心の中を見つめるという点で、演劇ができることは多いと思うんですよ。僕たちは人の内面を探るのが仕事なので、演劇は、より必要になるものと信じています。

たとえば、自粛期間とリモートワークを経て対面の稽古に入った際に、ある俳優さんは小声で「実は舞台よりも子どもと一緒にいたいんです」と打ち明けてくれました。

みんなコロナでブレーキをかけられた際に、「仕事とは」「家族とは」って、いろいろなことをじっくり考えたと思うんですね。以前だったら「そんなヒマがあったら仕事仕事!」とでも言うところですが、今は違う。仕事の場でも、以前より深い会話ができるようになったと感じています。

僕も足がランディングしたというか、「少し気持ちを落ちつけて前を見なさい」と言われたような気がしていて、そんなタイミングで『生きる』とか『チョコレートドーナツ』のような作品に取り組めて、すごく幸せです。」

――ゲイのカップルが、親に虐待されているダウン症のある少年を育てようと奮闘する『チョコレートドーナツ』。単館上映から口コミで大ヒットした同名映画(トラヴィス・ファイン監督)の、初の舞台化ですね。

「アメリカですでに計画されていると思ったら、まだ誰も動いていなかったんです。5年ほど前に、トラヴィス・ファイン監督が来日した際に、運よく京都でお目にかかれて、ランチをご一緒してすっかり意気投合しまして、「君にやってほしい」と言っていただけたのが、まずうれしかった。

でもそこから先は、すんなりと決まらないことが多くて、5年かけてやっとここまでこぎ着けた、というのが正直なところです。」

――映画を観た人にとってはそのイメージが強烈で、キャスティングのハードルが高そうですね。

「東山紀之さんは、よく挑戦してくれたなと思います。だって映画版の主人公ルディ役をやったアラン・カミングの入魂の演技は、すごかったですからね。あの映画を見て、それ以上のものに挑戦しようとするのは、なかなか勇気がいることです。

東山さんが、そこに懸命にダイブしようとしてくれていることを、とてもうれしく思っています。ドラァグクイーン的な要素に関しては、大きな抵抗はないみたいですし。

ルディという人は理想主義者で、理不尽な現実を前にして「しょうがない」で済ませることができないタイプ。次々に社会の理不尽さに見舞われ、痛みと苦しみでズタズタになっても、決して自分の意志を曲げず、歯ぎしりしながら立ち向かっていくようなキャラクターです。

一方パートナーのポールは、厳粛な家庭で育った検察官で、社会の規範に反発を感じながらも、身を守りながら生きていこうとする人。親近感を抱けるタイプですが、悩みながらも好きになったルディのことを理解しようとしてゆく中で、次第に芯の強さをみせていくようになります。二人の心の変化を楽しんでいただければと思います。」

理解できないからと、相手を非難するのはよくない

――1970年代後半のアメリカが舞台ですが、マイノリティに対する社会の偏見は、当時も今も根強く存在しています。近年はさらに、敢えて差別意識を隠さない人が増えていますね。

「自分が理解できない人だからと、相手を非難してはよくない。ただ、人と人が愛し合って、一緒にいたいと思う。それだけのことなのに、そこに恐怖感を抱いたり、間違った解釈を持ち出し否定しようとする。

この作品の中でも、法廷は「ドラァグクイーンをしているから」「夜の仕事だから」という理由でルディを否定し、麻薬中毒で、育児放棄している少年の実の母親の方に、養育する権利を与えてしまいます。中身ではなく、レッテルのみでの判断です。

確かにマイノリティについて知らない人にとっては、最初はショックで怖いことかもしれませんが、ひとりひとりが、それぞれ異なる自分のカラーをもって生きているという事実を認め合えば、何ひとつ怖がることも、驚くこともないはずなんです。もう、そういう時代に変わってほしいと思います。

残念ながら多様性を認めるどころか、品格もなく、ただ強引に政策を決め、向き合って答弁もできないリーダーが台頭しているのは悲しいことですね。

ですが、見方を変えれば、時代とともに多様性への理解が進んできたがゆえに、彼らの弱点が露わに見えるようになったのかもしれません。

さらにこのコロナ禍では、不安が募ると、弱者を責めたくなる人が増えるのは歴史が物語っています。昔から天変地異などがあると、魔女狩りをして悪者を作り、すべてをその悪者のせいにしてきた。

そこから戦争につながって来た事実もあるので、今は、なんとかそうしないように、多様性への理解を深めるために、何度でも何度でも、言葉を尽くし続けることが重要だと思います。」

――少年マルコ役に、映画同様ダウン症候群を持つ二人の少年(高橋永・丹下開登)を選んだのも、亞門さんの意向ですか。

「映画を観た時以来、マルコ(アイザック・レイヴァ)の顔が脳裡にこびりついて離れずにいたんですが、ちょうど同じころに、日本でダウン症のある子どもたちがお芝居をする舞台を観る機会があったんです。

舞台の彼ら/彼女らの表現はあまりにもストレートで、心に直接響いてくる。観ていて号泣しちゃいました。大感動したので、『チョコレートドーナツ』をやるのなら、どうしてもダウン症のある子たちと一緒にやりたいと思ったんです。

オーディションには、30名くらい来てくれたかな。みんなほんとに楽しそうにやって来て、楽しそうに帰って行きました(笑)。いままで仕事をしてきた枠組みの中では出会えなかった人たちで、僕たちもすごく刺激を受けられると思います。

もちろん、正直なことを言うと、大変だと思います。みんな自由なので、突然「イヤだ」と思ったら「イヤだ」と言うし、我慢をしない時もある。

客観的に、俳優という仕事を理解するのは、最初は難しいと思います。でもそこは、迎える僕たちも温かく向き合って、自分たちと違うからとか、ダウン症があるからとか、勝手に決めつけず、つねに反芻しながら、一緒に稽古していきたいと思っています。

恐れることはない。もうそういう多様性を認めていい時代のはずですから。」

公演情報

PARCO劇場オープニング・シリーズ『チョコレートドーナツ』

日程:12月7日(月) 〜 2020年12月30日(水)
会場:PARCO劇場
料金:13,000円(全席指定・税込)

翻案・脚本:谷賢一
訳詞:及川眠子
演出:宮本亞門

出演:東山紀之、谷原章介、堀部圭亮、八十田勇一、妃海風、まりゑ、大西多摩恵 下総源太朗 エミ・エレオノーラ 矢野デイビット、高橋永/丹下開登(ダブルキャスト)、穴沢裕介、佐々木崇、高木勇次朗、シュート・チェン、米澤拓真、モロ師岡、高畑淳子