TWICE、史上初!「MORE」2号連続スペシャルエディション版のカバーに抜擢…かっこいい女性像を表現

写真拡大

「いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる」と言う意味を持つ、最強ガールズグループTWICEが、11月18日に日本7thシングル「BETTER」をリリースする。

そんなTWICEが、集英社「MORE」1月号(11月27日発売)、そして2月号(12月28日発売)で、MORE史上初となる2号連続スペシャルエディション版のカバーに登場することが決定した。会いたくても会えない中、MOREを通してつながることが実現したこの企画は、MOREとして“初のリモート表紙撮影”を実施し、日本と韓国をオンラインで繋いでつくりあげたものだ。

「withコロナ生活についてのモア世代(働く20代女性)1000人アンケート」を実施したところ、「より良く前向きに生きたい」という気持ちが強まっていることが判明し、「未来への希望を持ち続け頑張るMORE世代を応援するためにも、自分らしく光り輝き続けているTWICEと誌面を共にしたい」という編集者の思いからTWICEが起用されたという。

今回「MORE」ではTWICEの現在地を表す“かっこいい女性像”を、“TWICEが持つ強さの2面性”を表現する。

1月号では、今、世界中の人たちが抱える「会いたくても会えない」、さらには「いつ会えるかも明言できない」という不安感や寂しさ。それに負けないためには、ひとりひとりに“強さ”が求められている中、表面的な魅力としての“まとう強さ”ではなく、“内側からにじみ出る強さを”、という「〜あなたがいるから、“もっと好きな私”になれる〜 BETTER ME」がコンセプトだ。

強く堂々と生きていく源動力としてツウィは「TWICEとしての5年間で育ててもらった自分への自信と愛する気持ち」と語り、ミナは「ONCE(ファンの愛称)、家族、メンバーのみんな、かけがえのない人たちの言葉が私を強くしてくれる」と語ったという。

2月号では、思わぬ形で訪れた自分に向き合う時間。仕事もプライベートも、自分の今の姿に対しての自問自答、将来への焦りや不安がある。それと同時に、身近な人や家族を励ます存在でもあり続けたい、求められる存在でありたい。そんな想いを抱えているMORE読者に、TWICEが示す“自分と世界への向き合い方”=「BETTER WORLD」がコンセプトだ。

「ファンのみなさんに会えない時間を、“早くみなさんの前で最高のパフォーマンスがしたい!”というエネルギーに変えてたっぷり練習し、スキル面でも成長できた」というナヨンの発言からもうかがえる、頼もしさにも注目だ。

・TWICE、日本7thシングル「BETTER」MVを公開…発売日にはスペシャルショーケースの生配信も決定!

・TWICE&SEVENTEEN&NCT&IZ*ONE「2020 MAMA」出演が決定!豪華すぎるステージに早くも期待高まる