「エミリー、パリへ行く」シーズン2が決定

写真拡大

ネットフリックス配信のドラマ「エミリー、パリへ行く」のシーズン2制作が決定した。リリー・コリンズが、パリのマーケティング会社で奮闘する、アメリカ人のエミリー役を演じる同作が、シーズン2を迎えることがネットフリックスから発表された。

このニュースは、エミリーのフランスでの上司・シルヴィーが、アメリカでの上司・マデリンに向けて、「エミリーがもう少しパリにいる必要がある」という内容を伝える手紙を送ったかたちで発表されている。

その手紙にはこう書かれている。

「残念ながら、エミリー・クーパーが今後もパリに残る必要があることをお伝えしなければいけません。自信過剰な態度や高級ブランドのマーケテイングにおける経験不足にも関わらず、彼女はサヴォワールでの短い期間の中で手強いクライアントたちを魅了してきました」
「それを幸運と呼ぶか、アメリカ人の巧妙なアイデアと呼ぶか、私は前者だと思いますが、彼女の成果には目を見張るものがあります。パリでの時間が延長したことにより、エミリーがすでに築いている関係をさらに発展させ、私たちの文化を深く掘り下げ、少しでもフランス語を学んでくれることを望んでいます」
「期間延長に関して、あなたと協力して労働許可証の申請を行うことになります。エミリーがパリにいてくれて嬉しいです。ですが、そのことは彼女に知らせないでくださいね」

ネットフリックスは配信開始日については発表していないが、先日リリーがシーズン2出演に「口頭で同意」したと報じられた際には、来年春には撮影を始め、同10月の配信開始を目指していると言われていた。