宮崎吾朗監督の最新作長編アニメーション『アーヤと魔女』NHK総合で12月30日放送。ボイスキャストに寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳、平澤宏々路が決定(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

写真拡大

 宮崎吾朗監督の最新作、スタジオジブリとしては初の全編3DCG制作となる長編アニメーション『アーヤと魔女』が、NHK総合で12月30日(後7:30〜8:52※82分単発)に放送される。声の出演は、寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳らが決定。主人公アーヤ役にはオーディションで選ばれた13歳の平澤宏々路(ひらさわ・こころ)が抜てきされた。

【画像】『アーヤと魔女』場面カット

 本作は、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女アーヤが、ある日、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まる物語を描く。今年6月にカンヌ国際映画祭が発表した「オフィシャルセレクション2020」56作品の1作に選ばれており(アニメーション映画は4作が選ばれ、そのうちの1作)、世界の注目度も高い作品だ。

 寺島が演じるのは意地悪な魔女ベラ・ヤーガ。「人生初めてのアニメの声優で、スタジオジブリさんの作品に参加させていただけるなんて夢のような体験でした。どんな環境に置かれても見事に逞しく生きていくアーヤの姿は今この時期の私たちに、必ず勇気と希望を感じさせてくれることでしょう」とコメントを寄せている。

 豊川は、ベラ・ヤーガと一緒に暮らしている怪しげな男マンドレークに息を吹き込む。「アーヤと魔女。憧れのジブリ作品にやっと呼んでいただきました。初の声優にドキドキでした。最初のせりふを口にした途端、ワクワクが止まらなくなりました。オトナのような君達へ、コドモのようなあなた達へ、今だからこそ、より愛したくなる素敵な(クリスマス)プレゼントになりました。どうか受け取ってくださいね!」と、密かにジブリ作品に憧れていたことを告白している。

 濱田は、黒猫のトーマス役。「憧れのジブリ作品に参加させていただき、まるで夢のような時間でした。アーヤのどんな境遇も受け入れ、顔を上げて突き進む姿に勇気をもらい、笑顔にしてもらい、黒猫の僕に何が出来るかわかりませんが、独り立ち出来るまで、ずっとそばに居ようと思います」と優しい言葉を寄せている。

 アーヤ役を射止めた平澤は、最近ではドラマ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京)で西川のり子役を演じて話題になり、子役として芸歴10年の将来有望株。

 「オーディションの時は『合格するのは難しいかもしれないな』と思っていたので、アーヤの声優に選ばれたと聞いたときは本当にうれしかったです! スタジオジブリには歴代のジブリの作品がたくさん飾ってあって、本当にジブリの作品に参加できるのだと実感し、ワクワクしました! この素直な感情をそのまま伝えられるといいなと、思いながら収録させていただきました。強くて明るい、少し生意気だけど憎めない、そんなアーヤを楽しんでいただけたらなと思っています! 皆さんの『ココロ』に響きますように!」と、すでに大器の片鱗を見せている。

■劇中歌を歌うのはインドネシアの国民的スター

 今年6月に発表されたメインビジュアルには、主人公アーヤがマイクを握り、後ろにバンドらしきメンバーを従えている様子が描かれていたが…。『ゲド戦記』『コクリコ坂から』でも劇中で印象的な挿入曲を使ってきた宮崎吾朗監督が、本作ではこだわりを発揮。劇中歌を歌うのはインドネシアの国民的スター、シェリナ・ムナフ。演奏は、劇伴音楽を担当する武部聡志が率いるスペシャルユニット――ギター:亀本寛貴(GLIM SPANKY)、ベース:高野清宗(Mrs. GREEN APPLE)、ドラム:シシド・カフカ、キーボード:武部聡志が担当。

 シェリナは、ツイッターのフォロワー数が1000万超というインドネシアで国民的に人気を誇るシンガーソングライター・俳優で、スタジオジブリが2016年に制作したテレビCMでも歌唱している。

■『山賊の娘ローニャ』総集編の放送も決定

 関連番組として、宮崎吾朗監督が初めて手掛けたテレビシリーズで、2016年に第4回国際エミー賞・子どもアニメーション部門(部門最優秀賞)を受賞した『山賊の娘ローニャ』の総集編の放送も決定した。12月19日(後5:00〜5:58)に全編、12月20日(後5:00〜5:58)に後編を、いずれも総合テレビで放送する。