青島複合一貫輸送センター、貨物取扱量の伸び堅調

9日、山東省青島市の上海協力機構(SCO)地方経済貿易協力モデル区にある複合一貫輸送センターへ向かうトラック。(青島=新華社記者/李紫恒)

  【新華社青島11月12日】中国山東省青島市の上海協力機構(SCO)地方経済貿易協力モデル区にある複合一貫輸送センターは、新型コロナウイルスの影響下でも1〜10月の貨物取扱量が前年同期比5%増の59万2千TEU(20フィートコンテナ換算)となった。モデル区内には金融サービスセンターもある。

青島複合一貫輸送センター、貨物取扱量の伸び堅調

9日、山東省青島市の上海協力機構(SCO)地方経済貿易協力モデル区にある複合一貫輸送センターのコンテナヤードを走るトラック。(青島=新華社記者/李紫恒)

青島複合一貫輸送センター、貨物取扱量の伸び堅調

9日、山東省青島市の上海協力機構(SCO)地方経済貿易協力モデル区にある複合一貫輸送センターを出発するカザフスタン行きの貨物列車。(青島=新華社記者/李紫恒)

青島複合一貫輸送センター、貨物取扱量の伸び堅調

10日、山東省青島市の上海協力機構(SCO)地方経済貿易協力モデル区にある複合一貫輸送センターへ向かうトラック。(青島=新華社記者/李紫恒)

青島複合一貫輸送センター、貨物取扱量の伸び堅調

9日、山東省青島市の上海協力機構(SCO)地方経済貿易協力モデル区にある複合一貫輸送センターを出発するカザフスタン行きの貨物列車。(青島=新華社記者/李紫恒)