NU′EST ミンヒョン&チョン・ダビンら出演、新ドラマ「LIVE ON」緊張感を高めるストーリーに注目…見えない敵の正体とは

写真拡大

「LIVE ON」がNU'EST ミンヒョンとチョン・ダビンのロマンスと、“匿名の敵”を探す推理ドラマを予告し、放送を待つ人々の好奇心を刺激している。

JTBCの新ドラマ「LIVE ON」は、おかしな目的で放送部に入ったソヨン高校のセレブ、ペク・ホラン(チョン・ダビン)が、放送部の厳しい部長コ・ウンテク(ミンヒョン)に出会って繰り広げられるロマンスを描く。

ミンヒョンとチョン・ダビンの少女漫画から飛び出してきたようなビジュアルが公開され、2人が披露する恋愛模様に期待が高まっている中、彼らとドラマの緊張を高める“匿名の敵”にも関心が集まっている。

これに先立って「LIVE ON」は、これまで公開された映像を通じて、ある日突然、昼食時間に放送される校内放送で、匿名でペク・ホランを攻撃する内容が流れるシーンを描き、ソヨン高校に暴風が吹き荒れることを予感させた。「親愛なる友よ。中学3年生の時の誕生日パーティー、本当に楽しかったのに」というフレーズは、誰かにとっては背筋がぞっとする意味が込められていることを推測させる。

このメールが狙っている人物は、皆から注目されているペク・ホランで、全校生徒の好奇心を刺激する。ペク・ホランも匿名の内容に驚くだけでなく、宣戦布告のような話が続き、謎の発信者と“音のない戦争”を起こす予定だ。

この過程で、少しずつ見えてくるペク・ホランのトラウマと、発信者が残した手がかりを通じて、発信者を追跡する興味深い展開が視聴者の推理本能を刺激する予定だ。また、おかしな目的を達成するために入った放送部で繰り広げられるコ・ウンテクとの激しい神経戦まで、豊かなストーリーに早くから期待が高まっている。

天下無敵のペク・ホランを緊張させた内容は何なのか、また匿名の敵の正体は誰だろうか。展開が気になるJTBCの新ドラマ「LIVE ON」は、17日(火)午後9時30分に韓国で放送がスタートする。