4発快勝のアトレティコ

写真拡大

週末の日程を終えて、全てのチームがラ・リーガ第9節の試合を終えた。

首位を走るレアル・ソシエダはホームでグラナダに勝利。試合数が多いものの、首位をキープした。一方で2位に位置する久保建英所属のビジャレアルはアウェイでヘタフェに勝利。久保は86分に途中出場している。

また、強豪クラブは対照的な結果となった。
低調だったバルサはホームでベティス相手に5得点を奪い、勝利。4戦未勝利だったが、悪い流れをこの試合で断ち切った。

予想外となったのはレアル・マドリーの敗戦だった。バレンシア相手に4失点を喫し、惨敗。この試合でソレールにPKで3得点を奪われている。

また、今季ここまで無敗のアトレティコは調子を上げてきている。カディス相手にホームで4発快勝。この試合で2ゴールを奪ったジョアン・フェリックスは調子を上げており、前節のオサスナ戦に続く、ドブレーテとなった。

【ラ・リーガ第9節結果一覧】

エルチェ 1-1 セルタ

ウエスカ 1-1 エイバル

FCバルセロナ 5-2 ベティス

セビージャ 1-0 オサスナ

アトレティコ・マドリー 4-0 カディス

ヘタフェ 1-3 ビジャレアル

レアル・ソシエダ 2-0 グラナダ

レバンテ 1-1 アラベス

バジャドリード 2-1 アスレティック・ビルバオ

バレンシア 4-1 レアル・マドリー