「重い女」として男性から見られがちな人は、尽くしすぎる傾向があるのかもしれません。

好きな人を思って尽くすのは素敵なことですが、やりすぎると嫌われてしまう可能性もあります。

そこで今回は、男性が「これ以上踏み込んでほしくない」と感じる女性からのお節介をご紹介します。

男性のひと言でガラッとイメチェン

「気になってた子がいたんですけど、ある日デートをしたら前会ったときと全然雰囲気が違って……。なんでそんなにイメチェンしたのか聞いてみたら、俺が好きって言ってたファッションや髪形に変えたんだって。めちゃくちゃ重いし、そこまで深く考えて言ったわけじゃなかったからなんか怖かったですね」(28歳/美容師)

男性が発したひと言にのっとってすべてをイメチェンしてしまう行動は、男性にとっては尽くしすぎでしょ……と感じてしまうことがあるそう。

また、簡単に今までの自分を捨ててしまっているようで、芯がない女性に見られてしまうことも。

イメチェンで男性の気を惹きたいなら、なにかひとつだけ取り入れてさりげなくアピールしましょう。

ヘアスタイルのチェンジや男性好みのカラーをワンポイント取り入れたファッションなど、ちょっとしたことで境界線を越えないですむはず!

先約があってもカレを優先する

「ついこないだまで付き合ってた元カノは、先約があってもいつも僕を優先するタイプで、本当に尽くされ迷惑でしたね。いつも一緒に居たかったみたいだけど、自分の領域に踏み込まれすぎて疲れたので別れました……」(30歳/飲食店)

いつどんな予定が入っていようと、間で彼からのお誘いがあれば平気で先約を断ってしまうと、重たい女性だと思われてしまうことがあるかも。

必然的に男性と一緒に過ごす時間が長くなり、知らず知らずのうちに踏み入って欲しくない領域に突入してしまう可能性もあります。

また、先に約束していた人との信頼関係を壊してしまうこともあるので、先約は断らないのが基本。

気になる男性とはあえて頻繁に合わないことで、会いたい気持ちを加速させることができるかもしれませんよ♡

デートにはいつも好物の手作りお菓子を持参

「すごくかわいい彼女ができて幸せだったんだけど、デートのたびに俺の好物のチーズケーキとクッキーとかを作ってくるんですよ。初めは嬉しかったけど、毎回はちょっと……。もういいとも言えないし、デートするのがちょっと嫌になってきているかも」(28歳/公務員)

男性を喜ばせようと、手作りの食べ物やお菓子をデートのたびに持参するのはありがた迷惑かも?

あまりにも手作りが続くと、飽きてしまったり食を制限されているような気分になったりする男性もいます。

男性の好物を手作りしてプレゼントするのは、誕生日や記念日など、特別な日だけにするのがおすすめですよ。

良好な関係を築くには境界線を守ること!

男性にもっと好かれようと尽くすのは素敵なことですが、やりすぎるとそれ以上踏み入って欲しくないと思われがちです。

尽くし過ぎてフラれないように、程度な距離感を保つのが恋愛上手になるためのコツ。

タイミングを見計らって尽くして、大好きな男性をあなたのトリコにしてくださいね。

(愛カツ編集部)