西武・増田達至が最多セーブを初受賞 「周りの皆さんのおかげで獲ることができた賞」

写真拡大

 プロ野球は9日、パシフィック・リーグの公式戦全日程を終了。埼玉西武ライオンズの増田達至投手が33セーブを挙げ、熾烈な争いを制して最多セーブを初受賞した。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!
 
 増田は球団を通じて、「(タイトルが確定し)とてもうれしく思います。そしてこの賞は、周りの皆さんのおかげで獲ることができた賞です。使っていただいた監督、コーチ、そして繋いでくれた先発投手、中継ぎ投手の皆さん、そしてスタッフの皆さんのおかげです。」とコメント。また、「ライオンズファンの皆さんの温かい拍手は本当に後押しになりましたし、(マウンドに行くまで)とても勇気づけられました。」とファンへの感謝も綴った。
 
増田の今季成績
48試合(49回)、5勝33セーブ1ホールド、42奪三振、防御率2.02、WHIP1.04