SHINee テミン、タイトル曲「IDEA:理想」のMVを公開…スタイリッシュでグルービーな雰囲気

写真拡大 (全2枚)

SHINeeのテミンが理想的なニューアルバムを引っさげてカムバックした。

テミンは、昨日(9日)の午後6時、各音楽配信サイトを通じて3rdフルアルバム「Never Gonna Dance Again:Act 2」を発売した。さらにタイトル曲「IDEA:理想」のミュージックビデオも、YouTubeとNAVER tvのSMTOWNチャンネルで公開された。

「Never Gonna Dance Again」は、テミンがアーティストとして新たな自分を探していく挑戦を表現したアルバムだ。先立って、テミンは「Act 1」のタイトル曲「Criminal」を通じて、実力が認められたスリラージャンルを開拓した。続いた「Act 2」では、今までの自身を抜け出す過程を、プラトンの「イデア論」に置き換えて歌っている。

タイトル曲「IDEA:理想」は、ライトでスタイリッシュなセクションとグルーヴィーで強烈なセクションが鮮明なコントラストをなすダンス・ポップナンバーだ。特にパート別の雰囲気によって変わるテミンのボーカルと、キリングパート(歌で人の心を掴む部分) の歌唱に参加したBoAの声が印象的だ。

「IDEA:理想」はタイトルの通り、プラトンの「イデア論」をモチーフにしている。「見ることも握ることもできないのに、いつのまにか新たに僕を定義する / 自分の中ですべてが倍になる 最も熱い息をさせる」「意識という限界を越えて、遂に発見した君の影 / 見られないものをすべて信じさせた瞬間 その理想に自分を投げて」などの歌詞も、「イデア論」からインスピレーションを受けたものだ。このように意味深で感覚的な歌詞は、テミンが伝えたいメッセージを盛り込んでいる。

「Act 2」には、「IDEA:理想」のほかにも「Heaven」「Impressionable」「Be Your Enemy」「Think Of You」「Pansy」「I Think It's Love」「Identity」をはじめ、「Exclusive」の韓国語バージョンまで、全9曲が収録されている。

特に「Heaven」「Think Of You」「Pansy」は、テミンが作詞に参加した楽曲で、ファンから爆発的な反応が予想される。これでテミンは、幅広い音楽的領域はもちろん、より一層成長した才能を証明する予定だ