ハイクオリティな「鬼滅模型 竈門炭治郎」でプラモ作りに全集中だ!

写真拡大 (全6枚)

原作単行本の累計発行部数が1億部を突破している超人気コミック『鬼滅の刃』。週刊少年ジャンプでの連載は終了しているものの、アニメや映画も好評で、今年一番の話題作となりました。

なかでも主人公・竈門炭治郎の人気は高く、このたび、BANDAI SPIRITSよりプラモデル「鬼滅模型 竈門炭治郎(きめつもけい かまどたんじろう)」(2860円)が発売されることになりました。

竈門炭治郎を全高約120mm、日輪刀を構えた躍動感あるポージングで再現した無可動プラモデルで、2020年12月に国内で発売、以降海外でも順次発売予定です。現在BANDAISPIRITSの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」内ホビーオンラインショップにて、2021年2月発送分の予約を受付中です。

「鬼滅模型 竈門炭治郎」の大きな特徴は再現性の高さにあり、それなのに、組み立ては簡単というところがポイントです。一見矛盾しそうなこの2点を両立させているのが、BANDAISPIRITSのオリジナル技術である「レイヤードインジェクション成形」です。

これは、ひとつの金型に最大で4つの色、4つの異なる素材を同時に成形できる「多色射出成形機」を使うことで、例えば、瞳の中のハイライトや陰影、顔の中のまつ毛や眉毛など、キャラクターの顔や目などの細かい色分けを行ったパーツを作成する技術です。これにより、組み立て後にユーザーが細かくカラーリングする必要がありません。

また、接着剤も不要なので、初心者でも再現性の高いプラモデルを作って楽しむことができます。色分けされたパーツを切り取って指示通りにはめ込むだけで、眉毛や額の印象的な傷跡などを再現。

また、印象的な市松模様の袴も躍動感のある仕上がりとなっています。袴は複数のパーツに分かれており、模様の切れ目でパーツが別れているため、合わせ目が目立たずきれいに仕上がるという工夫も。さらに、パーツの裏面にはそれぞれパーツ番号が刻印されているため、初心者でも迷わず組み立てられます。

プラモデルならではの細部にまでおよぶ精密な造形には目を見張るものがあります。例えば、帯刀した日本刀の鞘により歪んでいるベルトの柔らかさを表現しているところや、細かいシワまで再現した脚絆などは注目ポイントです。

年末はハイクオリティなプラモデル作りに「全集中」してみてはいかがでしょうか。

>> プレミアムバンダイ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆家でガチャガチャしたい?それなら自宅で巨大ガチャを作っちゃおう! 
◆ガチャから出てくるクワガタがでかい!でもやっぱりかっこいい!
◆自分の地元のパンはある?6つのご当地パンミニチュアがガチャガチャに登場