キレイになると人生が変わる?“自分磨き”が大切なワケ

写真拡大

「自分は顔が不細工だから……」「メイクは面倒で興味がない」などの理由で、美容にあまり興味のない女性もいるかもしれません。「仕事に家事に忙しくて美容どころではない」という人もいるでしょう。でも、実はキレイになりたいという気持ちやキレイになるための行動は、女性を輝かせるといわれているんです。

 実業家の斎藤一人さんと舛岡はなゑさんの共著「人にもお金にも愛される美開運メイク」(マキノ出版刊)によれば、女性がキレイになると人生も変わるのだとか。なぜなら、機嫌がよくなって自信がつくため、職場も家庭も明るくなるからです。

 また、ここでいう“キレイになる”とは、自分をキレイに磨く心だというのです。今よりキレイにしようというその気持ちから、自分を大切にしている波動が出るのだとか。そして、自分を大切にしている人は、周りの人も大切にするので、みんなからも守られるそうですよ。そうなれば、よい方向へと人生も変わるかもしれませんね。

 とはいえ、年齢を重ねるにつれて、肌に自信がなくなる人もいるでしょう。でも、美容家でオーガニックスペシャリストの吉川千明さんの著書「これからの美しさの磨き方」(KADOKAWA刊)には、肌も体も心も含め、自分を大切にして欲しいと書かれています。家族を持っている人は、自分が楽しく幸せに過ごしていることが何より大事だからなんだそう。

 自分磨き、自分のためにも周囲の人のためにも、ぜひ実施してみてくださいね。