画像はイメージです

写真拡大

 これまで西武(2002-2010)、ソフトバンク(2011-2016)、楽天(2017-2018)、ロッテ(2019-)でプレーし、昨シーズンまでに「1427試合・.203・84本・367打点・680安打」といった数字を残した40歳捕手・細川亨。5日、その細川がロッテから戦力外となったことを受け現役を引退することが報じられた。

 >>ロッテ・チェンに「さすがに可哀想」同情の声 NPB復帰後続く無援護のワケは?投球時の傾向も原因か<<

 堅実な守備と一発のある打撃を武器に活躍し、通算でリーグ優勝を6回、日本一を5回経験した細川。報道によると今後は未定とのことだが、将来的には豊富な経験を生かした指導者転身も期待されている。

 引退報道を受け、ネット上にも惜別の声が多数寄せられている細川。その一方で「とにかくハプニングが多かった印象が強い」、「ベニーに首投げされたり早川にバット投げられたり色々あったよな」といったコメントも複数寄せられるなど、過去に見舞われた数々のハプニングを思い返すファンも多い。

 とばっちりで予期せぬ怪我を負う羽目になったのは、西武時代の2008年9月24日西武対ロッテ戦。西武投手陣は4回裏に里崎智也、ズレータ、ベニーの3名に死球を与えたが、3つ目の死球を食らったベニーが激昂。細川はマウンドに向かおうとするベニーを制止したが、振り向いたベニーにつかまれ、そのまま首投げのような形で地面に投げ倒されてしまった。

 両軍入り乱れての乱闘に発展したベニーの暴力行為により、細川は左肩を脱臼し次戦以降の3試合を欠場。一方のベニーには「制裁金5万円+厳重注意」という処分が科せられたが、試合後にベニーが細川に謝罪したことで当人同士は和解している。

 細川は翌2009年4月9日に行われた同カードでも、相手打者から“攻撃”を受けるハプニングに見舞われている。2回裏1死一塁、西武バッテリーは盗塁を警戒し初球をウエストしたが、この際に打席の早川大輔が細川に向かってバットを投げつけるまさかの行動に出る。二塁送球の直前に早川のバットが直撃した細川は、左手のグラブを外し悶絶した。

 幸いにも故障にはつながらなかったが、一歩間違えば大怪我を負う可能性もあった細川。なお、守備妨害でアウトとなった早川は試合後に細川に謝罪したことが伝えられたが、その一方で「バットを投げること自体は悪くないでしょ」と反省の色が感じられないようなコメントを残し、当時のファンからは批判や苦言が噴出した。

 相手打者からバットを投げられるというまさかの災難にあった細川だが、ソフトバンク移籍後の2012年にはロッテ・ホワイトセルから1シーズンで3度もバットを当てられる珍事に見舞われている。細川は同年4月13日ロッテ戦の初回、ホワイトセルが振ったバットが右肩に直撃し途中交代。大きな怪我には至らず2日後の15日ロッテ戦からスタメンに復帰した。

しかし、細川はその後8月25日のロッテ戦で6回裏に左手首にバットが当たると、9月7日の同カードでも6回表にホワイトセルのバットがキャッチャーマスクを直撃。なお、ホワイトセルはもともとスイング時のフォロースルーが大きいことで知られていたため、当時は細川のポジショニングにも問題があったのではとの見方もされていた。
 
 数々のハプニングに巻き込まれながらも、19年間のプロ人生を全うした細川。記録はもちろん、記憶にも残る捕手だったことは間違いないだろう。

文 / 柴田雅人