康京和・外交部長官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は8日、米ワシントンに向けて出発する。11日まで滞在し、9日にポンペオ米国務長官と会談する。

 両氏は米国の政治日程と関係なく、両国の戦略的な意思疎通を継続することで強固な韓米同盟を再確認するとともに、朝鮮半島の非核化と平和定着、同盟強化などについて協議する見通しだ。

 ただ、米大統領選でバイデン氏の当選が確実になったため、残り任期わずかのトランプ政権と2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を巡る交渉などの懸案を議論することには限界があるとみられる。

 康氏の訪米を巡っては、韓米外相会談よりバイデン陣営との接触に注目が集まる。外交部は康氏の訪米を機に、可能な範囲内でバイデン氏側とのネットワークを構築する方針だ。

 康氏は米連邦議会やシンクタンクなどの関係者とも会い、朝鮮半島の平和プロセスや韓米同盟強化に対する支持と協力を要請する方針だ。バイデン政権で外交・安全保障分野の要職を務めるとみられる人物らと接触する可能性もある。

 一方、康氏の訪米には李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長も同行する。ビーガン米国務副長官と会談し、朝鮮半島情勢などについて協議する。米政権の転換点に北朝鮮が挑発行為を行わないよう、朝鮮半島情勢を安定的に管理することに焦点を当てるとみられる。