オープンした「三千桜酒造」の設備を紹介する山田耕司社長(左端)=7日午前、北海道東川町

 日本酒の特産化を目指す北海道東川町で7日、全国的に珍しい公設民営の酒蔵がオープンした。岐阜県中津川市から移転した老舗「三千桜酒造」が委託を受け、今月から生産を始める。

 式典で山田耕司社長(61)は「みんなで良い酒を造っていきたい」と抱負を語った。松岡市郎東川町長も「町を挙げて、成功に向けて応援しなければならない」と話した。

 酒蔵は2階建てで延べ694平方メートル。見学可能で、観光施設としても活用する。建設費約3億5千万円は国の交付金や三千桜酒造が約5千万円を負担するなどして賄った。

式典でテープカットする「三千桜酒造」の山田耕司社長(右端)ら=7日午前、北海道東川町