広島・鞘師スカウト(左)から帽子を受け取り、笑顔を見せる智弁和歌山・小林(撮影・赤尾慶太)

写真拡大

 広島からドラフト4位指名された小林樹斗投手(17)=智弁和歌山=が5日、和歌山市の同校で田村スカウト課長、鞘師スカウトから指名あいさつを受けた。最速152キロを誇る本格派右腕は「勝てる投手」になることを目標に掲げ、中日の1位指名の高橋やロッテの2位指名の中森らよりも早く1軍のマウンドに上がり、活躍することを誓った。

 初々しい笑顔を浮かべながら、小林はスカウト陣と握手した。「ホッとしました。指名をいただいてうれしかったです」と喜んだ。

 智弁和歌山では2年春と夏に甲子園に出場。武器は自己最速152キロを誇る直球だ。「自分の持ち味はストレート。直球を中心に、相手打者の反応を見ながら、変化球を織り交ぜて打ちとっていくのが自分のスタイルです」とアピールした。

 鞘師スカウトは「完成度的には高いと思う。伸びしろはあるし、1年目の後半なら(1軍デビューが)あってもおかしくない」と期待を寄せた。

 ライバルに挙げたのは、同じ高校生投手で中日1位指名の高橋(中京大中京)とロッテ2位指名の中森(明石商)だ。特に中森はセンバツの準々決勝で対戦。リリーフ登板したが、3−4で敗れた。両者ともに本格派の右腕。同じタイプだからこそ、刺激を受ける部分があるという。

 「本当に同世代の中でもレベルの高い投手なので、負けないように頑張っていきたい。少しでも早く追いついて抜かしていけるようにしたい」と対抗心を燃やした。

 目標は勝てる投手になること。「1年目から1試合でも多く、1軍のマウンドに立てるようにしたい」と意気込んだ。

 ◆小林樹斗(こばやし・たつと)2003年1月16日生まれ。17歳。和歌山県出身。右投げ右打ち。投手。182センチ、86キロ。松原小3年時に松原少年野球クラブで野球を始め、松洋中では軟式野球部に所属。智弁和歌山では1年春からベンチ入り。2年春夏に甲子園出場。50メートル走6秒3。遠投110メートル。球種はスライダー、フォーク、スプリット、チェンジアップ、カーブ、カットボール。趣味は釣り。