河井夫妻から現金を受け取ったとされる100人を刑事告発している市民グループが告発状を追加提出しました。

市民グループは広島県内126人分の告発状を広島地検に提出し、あわせて409人分となりました。

河井克行被告と妻の案里被告は一部共謀のうえ、地元議員など100人に現金約2900万円を配り買収した罪で公判中ですが、受け取ったとされる側の刑事処分は見送られています。

河井疑惑をただす会 山根岩男事務局長「起訴されていないから議員を辞めるつもりはないと居直っている(人もいる)。立件をする、起訴する、これが大切だと思う」

また、自民党本部から河井夫妻に提供された1億5千万円について菅総裁らに説明を求める署名活動も始めるということです。