井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

写真拡大

井上の右アッパーを写した写真に日米のファンが興奮

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。米興行大手・トップランク社の公式カメラマンが井上の画像を公開。右アッパーでマロニーの顔がゆがむ決定的瞬間とともに「モンスターがやってきた」と紹介すると、日米のファンからは「素晴らしいショット」などと注目が集まっている。

 モロに顔面を直撃していることがよくわかる。マロニーと対峙した井上。マロニーは左手で頬を、右腕でボディーをブロックしていたようだが、その間を井上の右拳が突き抜けている。金色のグラブは顎にしっかりと着弾。頬の肉がゆがむ中、井上の目はしっかりと相手を捉えている。

 決定的瞬間を激写したのは、井上が契約するトップランク社のマイキー・ウィリアムズカメラマン。ボクシングではたびたび見られるシーンの写真とともに文面に「モンスターがやってきた」と投稿すると、海外ファンからは完璧に被写体を捉えた技術に称賛が集まっている。

「またまたマイキーの素晴らしいショット」「最高(のカメラマン)は最高(の被写体)を使うね!」「グッドな写真だ!!」「モロだね。汗しぶきと共に顔歪みけり」などとコメントが寄せられている。

 ウィリアムズカメラマンは他にも試合を決めた右ストレートの瞬間を収めた画像を投稿。ド迫力の試合写真は井上の凄さも物語っている。(THE ANSWER編集部)