米ペンシルベニア州フィラデルフィアで、支持者らを前に演説する大統領選の民主党候補、ジョー・バイデン前副大統領(2020年11月3日撮影)。(c)Angela Weiss / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米大統領選投票日の3日、民主党候補のジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領がペンシルベニア州で支持者らに孫娘を紹介した際、2015年に死去した長男と取り違える一幕があった。

 よく言い間違いをすることで知られるバイデン氏は、支持者らに孫娘のナタリーさんを紹介した際、「ほかでもない、わが息子ボー・バイデン(Beau Biden)」と述べたが、すぐに「孫娘のナタリー」と訂正した。

 共和党候補で現職のドナルド・トランプ(Donald Trump)陣営は、バイデン氏が高齢のため衰えている証拠だとして、その場面の動画をツイッター(Twitter)に投稿した。

 イラクでの従軍経験がある陸軍予備役で、2007年から2015年までデラウェア州司法長官を務めたボー・バイデン氏は、父と同じく上院議員として国政入りするとみられていたが、2015年にがんのため死去した。

 バイデン氏はこの日の朝、1972年の自動車事故で亡くなった最初の妻とその娘と共にボー氏が埋葬されているデラウェア州の教会を訪れていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
吃音症の少年が米民主党大会の主役に、バイデン氏に助けられたと語る
トランプ氏、仏大統領を「首相」に格下げ 演説でミス
「バイデンは私をジョージと呼んだ」 ドナルド・トランプ氏がやゆ