「特命戦隊ゴーバスターズ」キャスト

写真拡大

 2012年から2013年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズ第36作「特命戦隊ゴーバスターズ」の鈴木勝大(レッドバスター/桜田ヒロム)、馬場良馬(ブルーバスター/岩崎リュウジ)、小宮有紗(イエローバスター/宇佐見ヨーコ)、松本寛也(ビートバスター/陣マサト)らメインキャストが1日、東京ミッドタウン日比谷で行われた第33回東京国際映画祭の屋外上映会のオンライントークイベントに登壇した。

 「特命戦隊ゴーバスターズ」は、特殊能力を持つ若者たちで結成された特命戦隊ゴーバスターズが、巨大エネルギー・エネトロン大量転送計画をたくらむ宿敵ヴァグラスとのし烈なバトルを展開するさまを描き出す特撮ドラマ。この日の屋外上映会では、同映画祭ジャパニーズ・アニメーション部門作品となる『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』と、Vシネマ「帰ってきた特命戦隊ゴーバスターズVS動物戦隊ゴーバスターズ」を上映。会場では、上映後に別会場で行われたトークイベントが生中継で配信された。

 このメインキャストが公のイベントで再び集まるのは久々のこととなるが、鈴木が「実は先週も集まっていました」と明かすとおり、ことあるごとに飲み会などで集まって交流を続けていたというキャスト陣。「やはり1年の放送や、それを含めたヒーローショーなどで貴重な経験をたくさんさせていただいて。それでいまだに続く縁を作ってもらった作品なので、感謝しています」としみじみ付け加えた。

 ゴーバスターズには、バディロイドと呼ばれるメカ生命体の相棒が登場するが、その声優を務めたのは故・藤原啓治さん、玄田哲章、鈴木達央、中村悠一といった面々。彼らとの思い出について質問された松本は「言葉がちょっと詰まっちゃうんですけど……」と前置きしつつも、「藤原さんがお亡くなりになってしまって。今日も日比谷のビジョンで流れていましたけど、『帰ってきた特命戦隊ゴーバスターズVS動物戦隊ゴーバスターズ』では(声優陣が)素面で出演されていて。それがすごく印象深いなと。(藤原)啓治さんのワンカットがすごく良くて」と述懐すると、「そうだった、そうだった!」と笑顔を見せるキャスト陣。

 さらに松本が「自分の相方でいうと、(ビート・J・スタッグの声優は)中村悠一さんなんですが、今、実は『魔進戦隊キラメイジャー』という作品で敵の(ガルザの)声をやられていまして。いま、オンエアを観ると、当時の思い出がフラッシュバックするんですよね」と感慨深げ。

 さらに小宮が「アフレコはけっこう長い時間をかけていたので、ご飯休憩とかもあったんですけど、中村さんは喉の調子が変わっちゃうから、ご飯は食べないとおっしゃってて。わたしはそれがすごく印象に残っています。みなさんといろんなお話をしたなと思います」と続けると、キャスト陣も「懐かしいなぁ」と口をそろえた。

 続けて鈴木が「アフレコという作業をあまりやったことがなかったので。それこそ藤原さんに画面上に秒数とかが流れているんですけど、そういうことを教えていただいたり。声優のみなさんは本当に先生みたいな感じでしたね」と振り返ると、小宮も「普通は声優さんとキャストって違う時間にアフレコするらしいんですけど、バディロイドだからということもで、同じスケジュールでアフレコをやらせていただいて。絶対にわたしたちの方が時間がかかるはずですし、声優の方々からしたらもどかしいところもたくさんあったと思うんですけど、それを見守ってくださったのはすごいうれしかったですね」と笑顔を見せた。

 実はこの日、役の衣装を着て登壇するのはどうかという打診もあったというが、「15キロ太ってしまったんで入らない」と笑う鈴木。小宮が「当時がものすごく細かったからね」と続けると、松本も「ようやく普通の体型に戻ったということだね」とコメント。そんな流れで、鈴木は「もう衣装も入らないですよね。当時のパンフレットを見て『若い!』と思いましたから」と笑ってみせた。

 松本によると、「十周年作品をこのキャストでやりたい」とキャスト陣は盛り上がっているという。小宮も「今日、こうして集まることができたのもありがたいことですし、十周年につながったらいいなと思います」と視聴者に呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

第33回東京国際映画祭は11月9日まで六本木ヒルズほかにて開催中