ガーボンタ・デービス【写真:AP】

写真拡大

ライト級とSフェザー級の2階級のベルトをかけた世界戦で勝利

 ボクシングのWBA世界ライト&スーパーフェザー級タイトルマッチが10月31日(日本時間1日)に米サンアントニオで行われ、ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)がスーパーフェザー級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)を6回2分40秒KOで破り、2階級同時制覇を成し遂げた。左アッパー一撃で相手を失神させるシーンを、米スポーツチャンネル「ショータイムボクシング」が動画付きで公開。米ファンに戦慄が走っている。

 こちらも凄まじいKO決着だ。6回、残り25秒。じわじわと圧力をかけてサンタ・クルスをロープ際に追い詰めるデービス。懸命に反撃に出る相手の動きを冷静に見極め、一瞬だった。狙いすました左アッパーを打ち抜くと、意識を断たれたサンタ・クルスは崩れ落ちた。

 一撃で意識を刈り取ったデービスはロープに駆け上がると勝利の咆哮だ。4階級制覇の実力者を沈めた戦慄のKOシーンをショータイムの公式インスタグラムが動画付きで公開。「ワンショット。ガーボンタ・デービスは本物だ。6回にレオ・サンタクルスを残酷なKOで沈め、無敗を守った」と添えると、米ボクシングファンから驚愕する声が上がっている。

「地獄のアッパーカット」
「デービスが彼の魂を異次元に葬った」
「このパンチはむごい」
「年間最高KOだ」
「PFPで彼に敬意を払うべきだ」
「なんてこった」
「凄いショットだ」

 25歳デービスはこれでデビューから24連勝(23KO)。WBAライト級は初防衛に成功し、WBA世界スーパーフェザー級との2階級同時王者となった。フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子としても知られ、今後パウンド・フォー・パウンド(PFP)にも加わってきそうな逸材は今後どちらの階級を主戦場にするのかにも注目が集まる。(THE ANSWER編集部)