乾かしても広がるくせ毛を何とかしたい!くせ毛さんのためのドライヤーの仕方

写真拡大

どうしてくせ毛は乾かしても広がるの?

そもそもくせ毛の広がる原因は、さまざまあります。

オーバードライになってしまっている場合

くせ毛を抑えようと髪の毛をドライヤーでセットする際に、熱を当てすぎて髪の水分が奪われ、結果、広がってしまっているのです。

また、オーバードライにより、髪が乾燥し、湿気の多い日には、乾燥した髪が湿気を吸収して髪全体が膨張し広がってしまうこともあります。

くせ毛で広がってしまうため、美容室でレイヤーを入れすぎて軽くしてしまったため

髪を梳き過ぎてしまったりレイヤーを入れると、くせ毛の方は乾かした時に短くした髪の毛がうねり、逆に広がりの原因になってしまうのです。

広がりやすい方は、梳き過ぎず、レイヤーを入れずに髪の重みでクセを抑える方が良いでしょう。

くせ毛さんに合ったドライヤーの仕方

髪を乾かす前に流さないトリートメントを付けましょう

中間から毛先にかけて、馴染ませます。

流さないトリートメントは、潤いと髪を修復してくれる効果があります。

根本から乾かしていきます

ここで注意してほしいことは、決して毛先を先に乾かさないことです。

毛先は、傷みもあるため、すぐに水分が蒸発してしまい、オーバードライになりがちです。

ですから、必ず根元から乾かすようにしてください。

根元の部分にドライヤーの風を入れるように、小刻みに動かしながら乾かします。

後ろから前に向かって乾かし、次に左右ジグザグに指を動かしながら、両サイド、バックを乾かします。

根元が乾いたら、キューティクルを整えるようにドライヤーを後ろから当て、手ぐしを通し、すこし引っ張りながら、前に向けてドライヤーの風を当て、中間から毛先を乾かしていきます。

最後に冷風で、ドライヤーの風を上から当てて、ボリュームを整えましょう

それでも、広がりが気になる方は、最後にもう一度流さないトリートメントや、ヘアスプレーやワックスといったスタイリング剤でヘアスタイルをキープさせることもおすすめします。

ドライヤーは毎日使うものだからこそ、くせ毛の人は正しいドライヤーの仕方を覚えておけば、毎日のスタイリングがラクになるでしょう。