サブスクまとめ割サービスApple One、日本でも提供開始。個人プランは月額1210円お得
Apple

アップルは複数のサブスクリプションを1つにまとめて割引する「Apple One」を、日本でも提供開始しました。9月16日の新製品発表イベントで予告したものの具体的な日にちへの言及はありませんでしたが、ようやくスタートしたかっこうです。

アップルは音楽ストリーミングのApple Music、オリジナルの番組や映画などを配信するApple TV+、100以上のゲームが遊べるApple Arcade、そしてクラウドストレージのiCloudなど様々なサービスを提供中です。Apple Oneはこれら複数のサービスを1つの契約で利用でき、個別に契約するよりも安くなるというもの。

日本向けに用意されているプランは「個人」と「ファミリー」の2つ。「個人」ではApple Music、Apple TV+、Apple ArcadeおよびiCloud 50GBがセットになって月額1100円。1つずつバラバラに契約するよりも月に1210円お得となっています。

かたや最大6人までが使える「ファミリー」はiCloudが200GBになり、月額1850円。こちらは月に1230円の節約となります。

そして米国や英国等では、ファミリープランにApple News+およびApple Fitness+(どちらも日本未提供)を加え、iCloudを2TBとした「プレミアム」プランも月額29.95ドルでサービス開始されています。

日本向けにはプレミアムプランこそありませんが、米国では個人プランが月額14.95ドル(約1560円)、ファミリープランが19.95ドル(約2100円)ということで少し割高。おおむね国内版はお値段的に優遇されていると言っていいでしょう。

ちなみに筆者はApple Music(月額980円)+Apple Arcade(同600円)+iCloud 50GB(同130円)を契約済みでしたが、個人プランを選ぶと安くなった上にApple TV+が付いてくるお得さとなりました。

Apple Oneに登録する方法はいくつかあり、1つはiOS 14搭載のiPhoneやiPadOS 14搭載のiPadで[設定]>[アカウント]>[サブスクリプションを管理]の順に選択すること。もう1つはSafariなどでApple One公式サイトにアクセスし、Webブラウザ上でApple IDを入力して手続きを進めることです。

記事執筆時点(10月31日午前)では、サービス開始直後でアクセスが多いためか、登録サーバーに繋がりにくくなっています。再読み込みのしやすさから、iPhoneやiPadなどデバイス上のサブスクリプション管理よりも、Webブラウザで手続きするほうがスムーズに完了するかもしれません。

Source:Apple One

外部サイト

「Apple(アップル)」をもっと詳しく

  • 米Apple、ブラックフライデーセール案内 該当商品の購入でギフトカード
  • 使用感とパフォーマンスに違いは?新世代「Mac」3機種の性能を比較
  • 「やりすぎ感」があるけど最高…iPhone12 Pro Maxの魅力