日本国内で発売された袋麺は246銘柄に及ぶ(2019年)

写真拡大

 温かい鍋物やラーメンが恋しい時季だが、街中のラーメン店ではコロナ禍の影響を受けた倒産が過去最高の勢いで続いている。一方、家で食べる即席麺の人気が急上昇。中でも袋麺の売り上げは一時販売量が落ち込んでいたものの、再びプラスに転じているようだ。袋麺人気復活の背景について、ジャーナリストの山田稔氏がレポートする。

【写真】定番袋麺をエスニック風にアレンジした「トムヤムラーメン」。おいしそう…!

 * * *
 コロナ禍が長期化する中、飲食店の苦境が続いている。Go Toイートが話題になっているが、多くの店では客足は戻り切っていない。それどころか飲食業界は「飲食店の倒産 上半期392件 過去最高」(帝国データバンク/10月13日発表)という厳しい状況下にある。

 ラーメン店も深刻だ。帝国データバンクの調査では9月までに34件の倒産が発生し、過去20年で最多となりそうだという。コロナ禍の影響で飲食業界全体が売り上げ低下に見舞われている中、競争が激しいラーメン業界で他店との差別化ができず脱落していく店が続出しているのだ。

 その一方で元気なのが即席麺業界である。袋麺やカップ麺など即席麺事業を手掛ける上場4社の2020年4─6月期の即席麺事業の合計売上高は948億円となり、前年同期に比べ8.8%の増収となった。コロナ禍における“巣ごもり需要”の高まりが業績を押し上げたと見られている。

 業界大手の日清食品の4─6月期連結決算は、売上高が前年同期比13.9%増の1205億円、営業利益は2倍の174億円、純利益も2.1倍の120億円と絶好調だ。カップ麺、袋麺ともに日本だけでなく、中国、米国などでも売り上げを伸ばした。

 即席麺(カップ麺と袋麺)の人気化は総務省の家計調査(2人以上の世帯)でも明らか。2020年1─8月の消費合計額は4775円。前年同期の4124円に比べ、15.8%増。袋麺に限ってみると25.4%増となっている。袋麺人気の高まりが分かる結果だ。

巣ごもり生活で調理の手間も厭わず

 そもそも袋麺の市場規模はどのくらいなのだろうか。日本即席食品工業協会に問い合わせてみた。すると返ってきたのは想像をはるかに上回る数字だった。

・2019年度(2019年4月〜2020年3月)/総需要17億1610万食、出荷額(推計)1279億1700万円

・2020年度(2020年4月─8月)/総需要8億8492万食(前年同期比35.9%増)、出荷額671億4000万円(同39.8%増)

 なんと、年間で17億食超の袋麺が人々の胃袋に収まっているのだ。スゴイ食文化である。今年の総需要はまさにコロナ禍におけるもので、5か月間ですでに昨年1年間の51.6%に達している。金額ベースでは52.5%で、今年度の1か月平均134億円は昨年度の106億円を大きく上回っている。袋麺人気の急上昇をハッキリと裏付ける数字だ。

 袋麺絶好調の背景に指摘されているのが、コロナ禍による“巣ごもり生活”。カップ麺に比べ、袋麺は基本的には鍋で調理するため手間がかかる。そのため、若者を中心にひところは袋麺離れが話題になることもあったほどだ。

 ところが、巣ごもり生活で時間的な余裕ができたことで、調理の手間がさほど苦にならなくなり、逆に味付けやトッピングなどアレンジを工夫できる幅の広さというメリットが見直されたことも大きい。

 筆者の周囲にも袋麺派が多くいる。何人かに食べ方を聞いてみた。40代の女性はエスニック派だ。

「チャルメラやサッポロ一番といった定番商品をスーパーの特売日に買っておきます。調理するときは、鍋でお湯を沸かしている間にエビやきのこを炒めておきます。鍋の湯が沸騰したら即席麺を投入し、茹で上がる直前にトムヤムクンのペーストを入れて麺に味を染み込ませます。丼に麺とスープを移して炒めた具材を入れ、パクチーを添えてトムヤムラーメンの出来上がりです。食べる前にライムを搾るとさらにおいしいですよ」

 山歩きが趣味の50代男性は、ガッツリ派。

「山でのランチは袋麺が多いですね。軽いし、調理も簡単で、食べ応えがある。僕の場合、あらかじめ自宅でウインナーや肉をタマネギやセロリと一緒に炒めておき、それをフリーザーバッグに入れて持っていきます。登頂後、コッヘルに湯を沸かして麺を茹で、スープを入れてよくかき混ぜ、具材を入れて温める。そして最後にとろけるチーズを入れて、火を止めたらコッヘルを食器代わりに食べる、そんな感じですね」

 袋麺人気の背景には、こうした調理バリエーションの奥行きの深さもあるようだ。

SNSでは定番袋麺のアレンジキャンペーンも

 秋になってスーパーの棚には各社の様々な新製品も登場している。

 日清食品の「日清これ絶対にうまいやつ!」、明星食品の「麺神 神太麺×旨」、東洋水産の「マルちゃん正麺 担々麺」、棒ラーメンで知られるマルタイの「袋・一幸舎監修豚骨ラーメン5食」などバラエティ豊かな袋麺が食欲をそそる。

 アジア各国の袋麺も人気だ。有名なのは韓国の「辛ラーメン」(農心ジャパン)。旨味と辛さが特徴だ。韓国製品では、オットギ社の「ジンラーメン」も日本市場に参入した(輸入販売元はオンガネジャパン)。珍しいところではベトナムのゴン・ラムベトナム社の「パクチーラーメン」。輸入食品を扱うカルディの人気商品だ。

 袋麺の新たな食べ方をSNSを通じて広めるキャンペーンを展開しているのはサンヨー食品。「サッポロ一番」の新しい美味しさを見つけよう!というフレーズで「おうちで偏愛フェス」という消費者参加型のキャンペーンをツイッター、インスタグラムで展開中だ。

 インスタに紹介されているアレンジレシピは多彩。「夜のがっつりごま味ラー飯」は、砕いた麺と炒めた豚肉、玉ねぎ、白飯をコラボさせ、真ん中に目玉焼きを置く食べ応えのある一品だ。炊飯器を使ったレシピやホットプレートを使ったもの、さらには冷やしラーメンアレンジも。有名人や有名シェフらが考案したオリジナルレシピが楽しい。

 1958年にチキンラーメン(日清食品)が登場してから62年。日本即席食品工業会のHPによると、2019年に日本国内で発売された袋麺(JAS製品)は246銘柄に上る。カップ麺も含めた即席麺の輸出先は51か国・地域に及び、その量は約9078万食にもなるというから世界食だ。

 コスパが良くてアレンジの幅が広い袋麺。商品の多彩化、オリジナルレシピの広がりなど家族で食べる回数が増える可能性は大。家庭内の袋麺需要が街のラーメン店の存在を脅かす日が来るかもしれない!?