来年発売される見込みの「iPhone13(仮称)」について、すでにいくつもの情報が浮上しています。これまでに報じられたものをまとめてみました。

ノッチは継続、サイズは縮小

初めて有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したiPhone Xで採用され、以降全OLEDモデルのディスプレイ上部中央に存在するTrueDepthカメラシステム格納部分(ノッチ、切り欠き)は、2021年モデルであるiPhone13にも引き継がれるという見方が濃厚です。
 
リーカーのIce universe氏(@UniverseIce)は、iPhone13でもノッチが消滅することはないが、縦幅が短くなるとツイートしています。

ProモデルはProMotionディスプレイ搭載

ディスプレイ情報に詳しいDSCCのロス・ヤング氏は、iPhone13シリーズのProモデルについては、省電力性能に優れた低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)採用で、リフレッシュレートの変更が可能なProMotionディスプレイを搭載するだろうと予測しています。つまり120Hzリフレッシュレートが少なくともProモデルでは実現するということになります。
 


 
またヤング氏は、iPhone13 miniとiPhone13のリアカメラは2眼、iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxのカメラが3眼という構成は変わらないものの、iPhone13 miniとiPhone13のリアカメラにはiPhone12 Pro Maxと同じカメラセンサー(イメージセンサー)が採用され、Proシリーズのリアカメラのイメージセンサーは大型化するとも予想しています。

ストレージの最大容量が1TBに

iPhone12 Pro/Pro Maxの最大ストレージ容量は512GBですが、iPhone13 Pro/Pro Maxでは1TBになると予想するのは、リーカーのジョン・プロッサー氏です。
 
この予想の背景には、iPhone13シリーズが8K動画撮影に対応するとの噂があるとみられています。

USB-C端子搭載はなし、端子がなくなるとの噂も

iPhoneのLightning端子がUSB Type-C端子へ切り替わるという噂が一時期浮上しましたが、現在ではそうした噂はなくなり、むしろLightning端子も消えて、充電については完全ワイヤレスへ移行するとの予想が出ています。
 
AppleがiPhone12シリーズで、Qi方式によるワイヤレス充電の効率を向上させるMagSafeを発表したことが、完全ワイヤレス充電実現への期待を高めたとも言えるでしょう。
 
しかし充電効率という点において、ワイヤレス充電は有線充電に大きく劣ります。MagSafeワイヤレス充電器については、iPhone12を50%まで充電するのに、20W USB-C充電器の2倍以上の時間がかかることが報告されています。

 
 
Photo:The Apple Bizz/Twitter
(lunatic)