ユニクロのヒートテック素材で作られたマフラーは薄手なのに防寒性バッチリ! これからの季節に頼りになる1枚だよ|マイ定番スタイル

写真拡大 (全7枚)

最近、急に気温が下がってきて、肌寒い日が続きそうですね。これからの季節に手放せないのは、ユニクロのあの素材を使ったマフラー。気軽に身につけられて、どんな服にもあわせやすく、手軽に温かさを確保できる1枚なんです。

ヒートテック生地のマフラー

UNIQLO(ユニクロ)ヒートテックマフラー 1,500円(税抜)ヒートテックマフラーは、その名の通りヒートテック素材で作られたマフラー。ユニクロと東レの共同開発で作られた素材のヒートテック、身体から発する水蒸気を吸着して熱に変える特殊繊維で、蒸れずに温かさが実感できることから、主に下着やタイツなどに使われています。近年では冬場のマストアイテムですよね。そんなヒートテックの生地で作られたマフラーなので首回りの保温性は抜群です。手触りは、柔らかいニットのような感触で、触れていてもちくちく感じることがありません。値段も手頃ながら、ずっとつけていても蒸れることがなく温かさがずっと続きます。

こちらもオススメ:(フォックスファイヤー)Foxfire イマバリタオルマフラー 7420744 030 イエロー 0

¥1,430 Amazonで見てみる

バリエーションも豊富

このマフラーはバリエーションがとても豊富なのも魅力のひとつ。私が使用している大きなチェック柄のカラーは4色、もう少し細かいチェックのデザインのものが2色。無地のものは全8色、シンプルなものから、アクセントになる色味まで揃えられています。その日の服装に合わせられるように、何種類か持ってきいたくなっちゃいますね。

使いやすいサイズ感

大きさは幅50cm×長さ150cm、さまざまなアウターに合わせやすいサイズです。ちなみに、160cmの筆者が1回巻くと胸下くらいまでの長さになります。2回巻くと首元に収まります、いろんな巻き方のアレンジもできそう。また、男女兼用で使えるので、家族やカップル同士でお揃いにしたり、共用で使っても良いですね。

汚れた時は手洗いで

少し面倒な点は、お手入れに洗濯機が使えないこと。アクリルとウールを合わせた繊維で作られているので、あまり大きな衝撃は縮みの原因になってしまうそう。汚れてしまった場合は、ぬるま湯で手洗いしてあげましょう。

ストールとしても使えちゃう

しっかりと保温力がありながら薄手なので、肌寒い日のストールとしても使えちゃいます。上着を重ねるほどではないけれど、少し温かさが欲しい! そんな微妙な温度変化にも1枚持っていると対応できます。これはブランケットとして外出先やオフィスでも活躍の予感。温かさと手軽さを兼ね備えたユニクロのヒートテックマフラー。これからの季節に大活躍のアイテムになりそうですよ。UNIQLO(ユニクロ)ヒートテックマフラー

こちらもオススメ:(フォックスファイヤー)Foxfire イマバリタオルマフラー 7420744 030 イエロー 0

¥1,430 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/10/667718/"][blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/10/664065/"]