ルーキー・安田祐香は復調をアピール まずは3日間を走りぬく(富士通レディースで撮影)(撮影:米山聡明)

写真拡大

<樋口久子 三菱電機レディス 事前情報◇29日◇武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)◇6585ヤード・パー72>
頸椎(けいつい)捻挫のため、9月の「デサントレディース東海クラシック」から3試合欠場し、復帰戦となった「富士通レディース」も2日目のスタート前に棄権した安田祐香。そこから1週空いて迎える「樋口久子 三菱電機レディス」では、まずは完走を目指していく。
おかえり! 久々のシブコスマイルを見てください【大会フォト】
富士通レディースを棄権した際、「状態がどんどんひどくなっているわけではなく、痛みについてはある程度なくなってきているんですが、無理してやるべきではないなと思って…。そこを気にしながらゴルフというのも良くない。大事を取らせていただきました」と話していた安田。
1週間のオープンウィークではラウンドだけでなくトレーニング、ケアなどを行ったことで、「首を曲げたときの痛みは少し残っているけど、スイングのときに痛みはない。フルスイングもできるようになりました」という状態まで復調。しっかりと調整して埼玉へと入ってきた。
今季のレギュレーションでは21試合終了後に、それ以降の出場権が決まるリランキングが行われる。来年の試合日程はまだ発表されていないためどうなるか分からないが、できる限り賞金を加算して、早くリランキング突破を決めたいところ。そのためにも、まずは本調子へと戻していくことが最優先だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【写真】
■シブコのコーチも感服 安田祐香のアイアンショットがうまいワケ
■おかえりシブコ! 4カ月ぶりの国内戦へ「日本語を聞くのがうれしかった」