新潟監督、母国スペインで市民栄誉賞を受賞

写真拡大

 アルビレックス新潟は29日、アルベルト監督(52)が出身地であるスペインのカンブリルス市の市民栄誉賞を受賞したと発表した。30年間にわたり、バルセロナをはじめとする様々なクラブでの指導実績が評価されたものだという。「数ある賞のなかで、自分の故郷からの受賞は何よりも嬉しく、誇りに思います」とコメントしている。