消えた小室佳代さんが2年ぶり肉声 眞子さま結婚へ動き出すか

写真拡大

10月23日に29歳の誕生日を迎えられた、秋篠宮家の長女・眞子さま。

小室圭さんとの結婚延期を発表してから2年8カ月が経つ。秋篠宮家の側近は「なんらかの結婚に関するお気持ちの発表があるだろう」としつつも、新型コロナウイルスの感染状況などを踏まえ「いつどんな形になるかは今の段階では説明できない」と、時期についての明言は避けた。

当初は’20年まで2年間の延期という予定だったが、小室さんのニューヨーク留学、コロナ禍による立皇嗣の礼延期といった事態により、結婚への道筋はいまだに見えないままだ。

「鍵を握るのは、小室さんの母・佳代さんの動向です。結婚延期の発端となったのは佳代さんと元婚約者男性・X氏との金銭トラブル。眞子さまと小室さんの結婚が実現するかは、佳代さんの決断次第と言っても過言ではありません」(皇室担当記者)

そんな中、10月23日に日本テレビが公開した映像で、佳代さんの”肉声”が報じられた。

10月21日、マスクをつけ、耳にはアップル製の「AirPods Pro」とみられるワイヤレスイヤホンを装着して歩く佳代さんを、日テレの記者が直撃取材。

記者から「息子さんとお話しはされましたか?」と質問され、無言を貫く佳代さん。再度の「お話になれない?」との問いかけに「ご苦労さまでございます」と、にこやかに一言だけ返答した。

小室さんが渡米した’18年夏ごろから、自宅周辺にもほとんど姿を現さなくなっていた佳代さん。カメラの前で口を開くのは2年ぶりとみられる。

眞子さまは9月10日、勤務先の博物館・インターメディアテクのHP上に《まるで時計の針が再び動き出したかのような感覚》などと綴った”意味深”なコラムを投稿されていた。

佳代さんの動向により、眞子さまと小室さんの結婚問題が”再び動き出す”可能性はあるのか――。