「タバコ特有の匂いが少ない」「すぐに吸える」「メンテナンスが楽」、それでいて「吸いごたえがある」といった魅力から、JTの低温加熱式デバイス「プルーム・テック・プラス」を愛用している人も多いことだろう。11月2日には新製品の「プルーム・テック・プラス・ウィズ」も発売され、ますますユーザーが増えるに違いない。ここでは「プルーム・テック・プラス」機種で吸えるゴールドの「フレーバー系」タバコカプセルを比較。新発売「メビウス・ゴールド・オレンジ・ミント」も加わった5種の中から、お気に入りのカプセルを見つけてみてほしい。

「プルーム・テック・プラス」の「ミント」タバコカプセルを比較


○新デバイス「プルーム・テック・プラス・ウィズ」とは?

タバコカプセルの比較の前に、まずは2019年1月から発売されている低温加熱式デバイス「プルーム・テック・プラス」のおさらいをしよう。「においが少ない」「すぐ起動する」「メンテナンスが楽」といった低温加熱式ならではの魅力はそのままに、"プラス"ではない元祖の「プルーム・テック」よりも吸いごたえがアップ。紙巻きタバコユーザーも納得の喫煙感が得られると人気を誇るデバイスが「プルーム・テック・プラス」だ。

11月2日に発売される新デバイス「プルーム・テック・プラス・ウィズ」


今回の比較には、11月2日に発売される新製品「プルーム・テック・プラス・ウィズ」を使用。吸えるタバコカプセルや喫煙感、低温加熱式ならではの"性能"は踏襲しながら、スクエア型に形状が変わり、残りのパフ数やバッテリー残量が確認できるディスプレイの搭載など、"機能"が大幅に進化した優れモノとなっている。

形状の変化やディスプレイの搭載など、機能面が格段にアップ


○メビウス・ゴールド・クリア・ミント

メビウス・ゴールド・クリア・ミント


JT公式の商品概要は「ペパーミントの爽快感に、ゴールド・リーフの強い刺激でシャープなキレ」。

まさにJT公式の言う通り、かなりキレ味の強めな辛口メンソール。後味さっぱりで爽快なので気分転換にぴったりなタバコカプセルといえる。それでいてゴールド・リーフならではの濃厚なタバコの味わいも感じられるので、吸いごたえも申し分なし。

○メビウス・ゴールド・マスカットグリーン・ミント

メビウス・ゴールド・マスカットグリーン・ミント


JT公式の商品概要は「ゴールドリーフ由来の濃厚なコクと芳醇なマスカットの甘み」。

マスカットという、他社のタバコでもあまり見かけない珍しいフレーバーがこちら。実際に吸ってみると、ふわっとマスカットの風味が口に広がり、メンソールの爽やかさが後を追っかけてくる感じ。マスカット特有の甘味などはなく、フルーティな清涼感が魅力だ。

○メビウス・ゴールド・レッド・ミント

メビウス・ゴールド・レッド・ミント


JT公式の商品概要は「ゴールドリーフ由来の濃厚なコクと、完熟アップルフレーバー」。

肝はアップルの頭についた"完熟"の文字。まさに熟れた甘味が口いっぱいに広がるスウィートなタバコカプセルだった。それでいてほどよくミントの清涼感も感じられるので、スイーツを食べた時のようにハッピーな気分になれる。女性にもおすすめの商品だ。

○メビウス・ゴールド・イエロー・ミント

メビウス・ゴールド・イエロー・ミント


JT公式の商品概要は「ゴールドリーフ由来の濃厚なコクと、完熟レモンのフレーバー」。

吸うと、誰もがレモンの酸味がばっちり表現されていることに驚くはず。タバコの濃厚なコクと後味の酸味、そして清涼感……個人的には、まるで生絞りのレモンサワーを飲んでいるような感覚だった。他とは違った魅力がある一品。

○メビウス・ゴールド・オレンジ・ミント

メビウス・ゴールド・オレンジ・ミント


JT公式の商品概要は「ゴールドリーフ由来の濃厚なコクと、完熟オレンジフレーバー」。

新商品のこちらも、オレンジの風味がかなり強め。再現度が高い。レモンほどではないが爽やかな酸味と、オレンジならではのフレッシュな甘味が口に広がる。また、オレンジの香りがふわっと鼻を抜ける感じも◎。

どの商品も「ミント」ならではの清涼感は持ちつつ、多彩なフレーバーでそれぞれの個性が光っていた。全部吸ってみて驚いたのが、苦手なカプセルはなく、どれも旨いと感じられたこと。これだけ種類があると「これはちょっと……」というものもありそうだが、どれもアリだった。ただ、フレーバーによって甘味や酸味の有無など味わいは大きく異なるので、好みのものをチョイスしてほしい。