チェーン店から個人店まで充実していて、いまや国民食となっているハンバーガー。ふとした瞬間に食べたくなっちゃうあの感じ……もはや魔力では……? コンビニやスーパーで売っているハンバーガーは、専門店に比べて劣ると思われている節があり、敬遠しがちな方も多いのではないでしょうか。しかし、コンビニだからと侮ってはいけません。ローソンで発売されたバーガーを食べた瞬間、それは間違いだと気づかされますよ。

「TAMAGO」シリーズの新作バーガー

ハンバーガーといえば、パティをサンドしたものを想像しますが、2020年10月27日(火)にローソンが発売した「とろとろTAMAGOバーガー(デミグラス)」(税込320円)にはそれがなく、「スクランブルエッグ」がメイン。

商品情報を見てみると、”ふんふかバンズに、チャイブ入りスクランブルエッグ・スライスチーズ、牛肉のうまみが詰まったトマト入りデミグラスソース、飴色のオニオンソテーをサンド”したものだそうです。

実はこの「とろとろTAMAGOバーガー」は、2020年9月にも発売されたのですが、その時はたしかスパイシーなトマトミックスソースでしたよね。今回はトマト入りデミグラスソースとのことなので、ソースを変えて復活といったところでしょうか?

”食べる場所によって味が変わる”との記載もあり、ますます興味をそそられる!その謎を解明すべく、さっそく購入しました。

食べる場所によって味が変わりました

このバンズ、触ってみるととってもふわふわで、こんなベッドがあったら寝てみたい……。また、はみ出るほどに入ったスクランブルエッグはふわっふわ・とろっろで、極上の食感です。

スクランブルエッグは素材の味を活かしてか、やや薄味な気もしますが、スライスチーズのまろやかさとデミグラスソースのコク・酸味、オニオンソテーの香ばしさなど、さまざまな味わいを楽しめるので、”食べる場所で味が変わる”ということにも納得。前述の通り、「専門店のハンバーガーの方がおいしい」と思っていた筆者は、180度考えを変えさせられました。

筆者と同じように、コンビニのハンバーガーを侮っている(た)みなさん! 一度食べたら、あなたもきっとハマるはず?

(文・関根僚輔/TOMOLO)