プレーレベルがさらに上がってきたJ・アラーノ。好調の要因を、チームとしての充実ぶりに見出す。写真:滝川敏之

写真拡大

 ここ最近のファン・アラーノのパフォーマンスは、際立つものがある。持ち前のテクニックを駆使して敵を翻弄し、攻撃を組み立て、ビッグチャンスを演出する。以前はプレーの正確性を欠き、流れを止めるようなシーンが目についたが、そうした姿はあまり見られなくなった印象だ。

 好調の要因を、J・アラーノはチームとしての充実ぶりに見出す。

「チームがフィットしてきたと思います。GKの沖選手から始まり、CBも安定してきて、また我々攻撃陣は前から相手に制限をかけたりすることで、みんなが上手く活躍できるようになってきました」

 チーム全体で統一感のある戦いができるようになってきた。その土台がしっかりとすることで、「個の技術の高さだったり、能力が上がってくると思う」とJ・アラーノは語る。

「みんなが良い状態になってきたところで、チームとしての組織が安定してきて、それぞれの特長を出せるようになってきました」

 その組織力がさらに高まってくれば、J・アラーノもこれまで以上に持てる技術を存分に発揮して、攻撃に“違い”をもたらしてくれるはずだ。
 
 次節は、勝点45で並ぶ名古屋をホームで迎え撃つ。

「この名古屋戦の結果によって、今後の展望が変わっていくと思います」

 現在、5位の名古屋は6位の鹿島より1試合消化試合が少ないだけに、是が非でも勝ちたいところだ。ラストスパートに弾みをつける意味でも勝負どころとなるゲームで、J・アラーノはチームに歓喜を呼び込むプレーを見せられるか。期待したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第24節PHOTO】鹿島1−0広島|エヴェラウドの1点を守り切り、鹿島が開幕戦のリベンジを果たす