台風が通過したベトナム中部クアンガイ省で、がれきを撤去する女性(2020年10月28日撮影)。(c)MANAN VATSYAYANA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)ベトナム中部に28日、台風18号(アジア名:モラヴェ、Molave)が上陸し、報道によると2人が死亡、26人が行方不明になった。木々が倒れ、住宅の屋根は吹き飛ばされ、ここ数年で最悪規模の被害となっている。

 台風18号は、中部の沿岸都市ダナン(Danang)南部に最大風速約40メートルで上陸。当局は約37万5000人を安全な場所に避難させた。

 国営メディアによれば、クアンガイ(Quang Ngai)省で少なくとも2人が、台風から自宅を守ろうとして死亡したという。

 漁業関係者26人が行方不明になっており、捜索活動が行われている。台風で高さ6メートルの波が発生し、中部各地で停電があった。

 ベトナム赤十字社(Vietnam Red Cross)のグエン・ティ・スアン・トゥ (Nguyen Thi Xuan Thu) 氏は、同国で今月4度目となる台風18号の被害について、「多くの地域において過去最悪規模」だと述べた。

 上陸に先立って学校やビーチは閉鎖され、多くの航空便が欠航となった。

 ベトナム中部は10月上旬以降、洪水と土砂災害に見舞われており、130人が死亡したとされている。また、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)によると、洪水によって17万8000戸が浸水被害を受けた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ベトナム中部洪水、111人死亡 さらに台風が接近中
3億人が暮らす沿岸地域に、2050年までに洪水の恐れ 研究
東京を洪水から守る「地下神殿」 世界最大級の放水路