2台のMIDI機器間のワイヤレス接続やiOS/Mac、BLE機器との接続をサポート、CMEからワイヤレスMIDIアダプター「WIDI Master」登場

写真拡大

MIDIコントローラーをはじめ長年にわたりMIDI周辺機器のブランドとして高い知名度を誇るCMEから、ワイヤレスMIDI環境を手軽に構築できるアダプター「WIDI Master」が登場。新たにCME社の代理店となったフックアップより、10月30日に国内販売が開始となる。

CMEは15年以上に渡りワイヤレスMIDIのソリューションに取り組んできたメーカー。特に2015年に人気のワイヤレスMIDIキーボード「XKey Air」をリリース後、多くのユーザーからBluetooth MIDI接続へのリクエストが寄せられ、この「WIDI Master」の開発に至った。なお、「WIDI Master」はフックアップが国内の代理店となるが、CME Xkeyシリーズは引き続き、株式会社銀座十字屋 ディリゲント事業部が取り扱う。

「WIDI Master」は、MMA(MIDI Manufacturers Association)によって承認された新しいワイヤレス規格、Bluetooth MIDI(BLE-MIDI)準拠の製品で、まさに「バーチャルMIDI ケーブル」と呼べる便利なツールだ。ハードウェアのMIDIポートに接続することで動作。電源はMIDIポートから供給されるため、乾電池を用意したり充電をするなどのわずらわしさはない

「WIDI Master」は、シンプルにをMIDIケーブルの代わりとして使うことが可能。MIDIマスター、MIDIスレーブ機器の両方に「WIDI Master」を接続することで、ワイヤレスならではの開放感を味わうことができる。より速く、より通信距離を稼げるBluetooth 5を採用したことで、ライブやステージでの信頼性が向上。今までの2倍の速度と4倍の範囲で確実なMIDI接続を実現する。また、3msという革新的な超低レイテンシーも注目。スマートアルゴリズムによる伝送の最適化が図られている。

独自のSCA(Smart Connectivity Algorithms)技術により、他の Bluetooth MIDI 技術とは一線を画すパフォーマンスを実現しているのもポイント。SCAは使用環境に合わせ、WIDIのパフォーマンスを最適化する極めて有効なアルゴリズムの集大成。デュアルロールオートメーション、自動ペアリングモード、スマートハブ機能、レイテンシーの短縮、およびパフォーマンスの最適化を果たす。

カンタン操作で即座にセットアップできる自動ペアリングもサポート。自動でマスター/スレーブを切り替え、自動的にペアリングする。また、MIDIをクロックとSysEx(システムエクスクルーシブ)にも対応。ドラムマシンやステップシーケンサー、アルペジエイターの同期もサポートする。Bluetooth経由であらゆるMIDIメッセージを送信する。

同種の製品は他社からもいくつかリリースされているが、その中でも「WIDI Master」をユニークな存在にしているのが、MIDI IN(サブアダプター)の取り外しが可能なデタッチャブル設計となっている点。MIDI OUT(メインアダプター)側を単独で使用することができる。MIDIキーボードなどMIDI INを必要としない機器や、MIDI IN端子を持たない機器で使用する際に、MIDI IN側がぶらさがり邪魔になるといったことはない。ウィンドコントローラーでの使用には特にうれしい仕様だ。Android/iOSアプリの「WIDI App」によって常に最新のアップデートを提供する、ライフタイムアップデートも心強い。

接続方法は以下をサポート。完全なスタンドアローンのMIDI機器間の接続から、PC/スマートデバイスやBluetooth対応楽器との接続など、さまざまな環境に対応できるのも「WIDI Master」ならではのメリットだ。

●MIDIポートからMIDIポートへ

2つの「WIDI Master」を使うことで、スタンドアローンのMIDIハードウェア2台をペアリング。たとえば、MIDIコントローラーのMIDI OUTポートと、MIDI音源モジュールのMIDIポート INポートをワイヤレス接続。