さり気なさが大切!上手に彼氏いないアピールする方法

写真拡大

気になる男性がいるけど、彼氏がいると思われてしまい、好きな人が全然振り向いてくれない、なんてこともありますよね。


そのようなときには「彼氏いないのに!」と思ってしまいますし、好きな人に上手に彼氏いないアピールできないから、どうしようって思っているかもしれません。


片思いを実らせたい方のために、この記事では、さり気なく上手に彼氏いないアピールする方法を伝授していきますので、みなさんのサポートになれば嬉しいです。

■マメに連絡をする

好きではない男性に対しては、あまりメールや電話することはないかもせれませんが、好きな人だからこそ、マメに連絡をすることが大切です。


どんな些細なことでもいいので、連絡をくれる女性が身近にいれば、「自分に好意があるのかな?」と意識し始めて惹かれるものです。


しかし、ほとんどメールや電話がない女性だと好意はないと思いますし、好きになる要素がありません。


また彼氏がいるのでしたら、ほかの男性にマメに連絡をすることはありませんから、上手に彼氏いないアピールをすることができます。

■さり気なくスキンシップ

男性は女性からボディタッチなどスキンシップをされると、ドキッとしますし惹かれてしまう傾向にあります。


普通は彼氏がいれば、ほかの男性にボディタッチをすることありませんから、上手に彼氏しないアピールができて、振り向かせれる可能性があります。


好きな男性に彼氏がいないことが伝われば、もしかしたら好意があることも気づいてくれて、急接近するかもしれません。


ですのでさり気なくボディタッチやスキンシップをして、上手に彼氏いないアピールをしていきましょう。

■休みの日は暇しているとアピール

LINEをしているときでも会って会話しているときでもいいので、休みの日は何している?と話題に出すことです。


休みの日はとくに何もしてないから暇しているとアピールすることで、男性も「あれ?彼氏いないのかな?」と気付いてくれることでしょう。


こうしたやり取りをすることで、さり気なく男性に対して彼氏しないアピールができますから、運がよければデートのお誘いがあるかもしれません。


また好きな男性が普段、休みの日に何をしているかもわかりますから、効果的に振り向かせることができます。

■積極的に遊びに誘う

はじめは好意を持っていなかった女性であっても、積極的に遊びに誘われたら嬉しいと感じますし、さり気なく彼氏しないアピールができます。


そもそも彼氏がいるならほかの男性と遊ぶことはしないので、誘った男性にも彼氏がいないことが伝わりますし、自分に好意があると感じ取ってくれます。


また好きな人と遊んでいるときも嫌われないように、一つ一つの言動に注意して接することで、好印象に思ってもらえる可能性があります。

■まとめ

鈍感な男性ほど、なかなか彼氏がいないことや好意があることを気づいてくれませんから、さり気なく上手にアピールしていくことが大切です。


週末やクリスマスなどイベントのときはいつも暇していること、積極的に連絡を入れたりデートに誘うことで、上手にアピールすることができます。


ここで気をつけたいのが、SNSなどで露骨に彼氏が欲しいとアピールしてしまうと、引かれてしまう可能性があります


またほかの男性に対しても優しくしたり食事に誘ったりすると、遊んでいると思われてしまうので、好きな人にだけ特別扱いをするようにしてください。


そうすることで上手に彼氏いないアピールができますし、運がよければ付き合えるかもしれません。


(ハウコレ編集部)