画像はイメージです

写真拡大

 16日、LINE MUSIC株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)がLINEリサーチを活用した「無許諾音楽アプリ」に関するアンケート調査の結果を発表した。無許諾音楽アプリはMusic FMをはじめとして一躍世に広まった。同調査では、そうした無許可アプリのユーザーは減少傾向にあるとしているが、いまだに無自覚に使っている人もいて、もはや社会問題と言っても良いほどである。

 今回筆者は無許諾音楽アプリについて、アンケートの数字からは見えてこない利用者の実情を知るため「以前無許諾音楽アプリを利用していた」という人々の話を聞いてみた。

◆「使っていた理由も、使うのを辞めた理由も別にない」

 現在22歳の中村祐太(仮名)さんは、「高校生〜大学1年生にかけて無許諾音楽アプリを利用していた」と話す。

「無許諾音楽アプリを使っていた理由は特段ないです。利用しやすく、無料だったので何も考えずに使っていました」

 現在はApple Musicを利用しているという中村さんだが、なぜ無許諾音楽アプリの利用を辞めたのだろうか。

「使うのを辞めた理由も別にないんですよね。強いて言うならApple Musicの方が使い勝手が良かったからかな。自分は音楽にそれほど関心があるわけではなくて、ヒットしたものや友人に勧められたものを聞くことが多い。だから扱っている曲が多くて検索エンジン等のシステムが整っていれば別になんでも、という感じです」

 「音楽に対する関心が薄い」と話す中村さん。「もし普段聴いているアーティストが無許諾音楽アプリの利用を反対していると知ったらどうするか?」という質問には、「正直どうとも思わない」と答えた。

 LINE MUSIC株式会社のアンケート結果を見ると、無許諾音楽アプリ最頻利用者の半分は10代と20代が占めている。無許諾音楽アプリ最頻利用者に使っている理由を聞くと、「十分満足できるサービスだから」「便利なサービスだから」という回答が多い。そこから筆者が考えるに、多くの10代〜20代は「音楽にお金を払う」という意識が薄いのではなかろうか。

 筆者は現在23歳だが、中学2年生のときはじめて手にしたのはガラケーではなくスマホであったし、中学生のときは主にYouTubeやニコニコ動画で音楽を聴いていた記憶がある。中学生のときにミリオンを売り上げるのはAKB48しかおらず、教室内でCDの貸し借りが行われていた記憶もほとんどない。現在の10代〜20代が育ってきた「音楽にお金を払う」という意識の薄い土壌が「無許諾音楽アプリは便利だから使う」という結果を招いているのではないだろうか。

◆音楽は「消費の対象でしかない」

 次にインタビューしたのは現在22歳の鈴木佳奈さん(仮名)。彼女もまた、高校生〜大学2年生のときに無許諾音楽アプリを利用していたという。

「サブスクにはないアーティストの曲がたくさん入っていたから使っていました。数年前はサブスク解禁していないアーティストも結構いて、聞けない曲が多かったので」

 では、ストリーミングサービスで楽曲を配信するアーティストが多くなったために無許諾音楽アプリの利用を辞めたということだろうか?

「いや、そういうことでもないです。最近の無許諾音楽アプリって使い勝手が悪いんですよね。Music FMとかはYouTube上にない曲も聴けたけど、最近の無許諾音楽アプリはYouTube上にあがっている動画の曲しか聴けないものが多いんですよ。前のスマホにはMusic FMが入っていたんですけど、機種変更したときに新しいスマホにも入れようと思ってApp Storeで探したら見つからなくて」 返ってきたのはなんとも恐ろしい答えだった。では無許諾音楽アプリが以前のままのようなシステムであれば使い続けていたのだろうか?