ロナウドが三度目のコロナ陽性でバルサ戦を欠場

写真拡大

ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドは、新型コロナコロナウイルスのPCR検査で再び陽性反応を示し、28日(水)のチャンピオンズリーグ、バルセロナ戦を欠場することになった。 

ロナウドが最初にコロナウイルスの陽性反応を示したのは、今月初めのポルトガル代表で行われた検査でのことだった。そして27日(火)に、彼は3回目の陽性反応となってしまった。 

これにより、UEFAの規定で今週のレオ・メッシ擁するバルセロナとの試合には出場できないことが確定している。 

10月13日に陽性反応が出て以来、ポルトガル人は、セリエAでの2試合とチャンピオンズリーグでの1試合の計3試合を欠場している。 

誰もがロナウドとメッシの再戦を楽しみにしていたが、それは今年後半のカンプノウでの第二戦まで持ち越されることとなった。