政府が年末年始の休みを2021年1月11日まで延長するように要請? 世間ではこの話題に注目が集まっています。

「帰省による人の移動を分散させ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ」のが目的とも言われていますが、あくまで一案との声も出ており、どうなるかは分かりません。

年末年始休みのどれくらいがよい?


この話題はTwitterでも取り上げられていて、中村ける(非実在)(@kelyuuuu)さんがツイートで改善案を紹介し、多くの注目が集まっていました。

国が提案する休み


我々が欲しい休み


一枚目:国が提案する休み二枚目:我々が欲しい休み(@kelyuuuu)より引用

この投稿には、「ホンそれ過ぎて……休みが長い分人の集中が凄すぎるんですよね

分散した休みが欲しいです」「断然2枚目ですね 1日行ってイラついても明日行ったら休みと考えれば乗りきれる! 調度良いバランス。」「マジでこうなってくれ」「土日+水曜日休みとか最高(笑)」など、共感する声が寄せられていました。

また、「いや長すぎると言う意見は分かるけど正月に5連休は短過ぎ」「29まで働いて4日から出勤とか正月感ねえわー。政府案の方がええ。」と反対意見も出ています。

さらに、「これは建設業では無理な話ですよねぇ……」「※正し接客業は除く でしょ?(血涙)」「いやそれだと旅行できないやん」など、2枚目の案は現実的には難しいだろう、と指摘する声も出ていました。

一枚目:国が提案する休み二枚目:我々が欲しい休み pic.twitter.com/dMGX1qYUJQ- 中村ける(非実在) (@kelyuuuu) October 26, 2020