若年層の死因1位に「自殺」先進国で日本だけにみられる深刻な事態

ざっくり言うと

  • 2019年の自殺者数は2万169人で、10代の自殺者が唯一、前年より増加した
  • 若年層の死因は自殺が最も多く、先進国では日本だけにみられる事態だという
  • 厚労省は国際的にも深刻な状況とし、心理的な孤立化を防ぐ対策が求められる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x