日本航空、再上場後初の通期赤字に 2000億円台前半と想定、2021年3月期

ざっくり言うと

  • 日本航空が2021年3月期の連結純損益は2000億円台前半の赤字になると想定
  • 新型コロナの影響で、国際線を中心に旅客需要が落ち込んだ
  • 想定通りなら、2012年の再上場後で初めて通期赤字に陥ることになる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x