ベルギー・ブリュッセルで初対面を果たした、前国王アルベール2世(中央)、妻のパオラ王妃(左)、デルフィーヌ・ザクセン・コーブルク王女。王室提供(2020年10月25日撮影、同27日公開)。(c)AFP PHOTO / ROYAL PALACE OF BELGIUM

写真拡大

【AFP=時事】ベルギーの前国王アルベール2世(King Albert II)との親子関係認知を求めて長年続けていた法廷闘争に勝利し、王女として認められたデルフィーヌ・ザクセン・コーブルク王女(Princess Delphine Saxe-Cobourg)が、法廷闘争後初めて父親のアルベール2世と対面した。王室が27日、発表した。

 発表と同時に公開された写真には、アルベール2世と妻のパオラ王妃 (Queen Paola)の横でほほ笑むデルフィーヌ王女の姿が写っている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ベルギー前国王の隠し子認知 もたらされた「美しき救い」
「未来のベルギー女王」エリザベート王女、18歳の誕生日迎える
【特集】世界のプリンセスと王妃