ワンテラス代表取締役の石中達也氏(写真:左)と、SBIエクイティクラウドの代表取締役社長の紫牟田慶輝氏(写真:右)が対談し、資金調達後の事業の進捗と株式投資型クラウドファンディングの可能性について語り合った。

写真拡大

 株式投資型クラウドファンディング(ECF)のプラットフォーム「GEMSEE」を運営するSBIエクイティクラウドは、2020年3月に第1号案件の募集取扱を完了した。第1号案件は、グローバル人材ビジネスを手掛けるOne Terrace(ワンテラス)社。SBIエクイティクラウドでは、現在、同社の事業発展に向けたサポートに注力している。そのワンテラス代表取締役の石中達也氏(写真:左)と、SBIエクイティクラウドの代表取締役社長の紫牟田慶輝氏(写真:右)が対談し、資金調達後の事業の進捗とECFの可能性について語り合った。

紫牟田 石中さんとは、昨年の秋に東京都の「シードアクセラレーションプログラム」で出会って以来、約1年間が経ちました。当時、私は「GEMSEE」での株式募集第1号案件を探す中で、当社がめざす「テクノロジーや新しいビジネスモデルの力で社会課題の解決をめざす企業を支援する」という理念に適う事業者を探していたのですが、石中さん率いるワンテラスのメンバーと出会ったことで、道が開かれたように感じたことを覚えています。

石中 当社は日本企業と外国人就労希望者をつなぐため、海外から直接日本へ就労できるようなクロスボーダーな紹介事業に始まり、その後の就労ビザの取得、日本語コミュニケーションや生活文化の違いなど、日本企業が外国人を雇い入れることによって生じる様々な課題を解決する支援を行うため、2017年2月に創業しました。少子高齢化によって日本の人手不足が深刻になる中、これからは外国人が日本で活躍する場を広く用意することが重要になります。それは国も政策的に後押ししています。特に、地方の製造業などでは、優秀な人材が都会に出てしまい、事業の担い手がいないという深刻な課題を抱えています。一方、ベトナムやミャンマー、インドなどのアジア諸国では、日本で働きたいと考える若者がたくさんいます。この若者たちを日本に招き、働き甲斐のある職場で活躍してもらいたいと思っています。

紫牟田 石中さんから事業を通じて解決したい課題について、ご自身の東南アジア駐在時の経験を基にお話頂いたのが非常に印象的で、事業にかける熱い思いと行動力にも惹かれるものがありました。これは個人投資家の皆様からも共感と支援が得られると確信し、第1号案件候補としてアプローチさせて頂いておりました。ただ、当時は他からも資金調達支援の話もあったと思いますが、私たちを選ぶ決め手は何だったのでしょうか?

石中 当社は社会的な課題を解決する事業を行っている為、世の中から私たちの描く未来について広く応援頂きたく思っておりました。その中で、紫牟田さんからのご提案は、単なる資金調達の支援だけでなく、私たちの希望に合致していたこと、また様々な事業支援策についてもアイデアを持っておられたことが決め手でした。将来は株式を上場したいという夢もあります。まだ漠然とした夢だったのですが、紫牟田さんをはじめSBIエクイティクラウドの方から、上場を見据えた経営組織づくりについても具体的なアドバイスがありました。その話を踏まえて、上場企業の経営経験もある、カッパ・クリエイトの元社長であった徳山桂一氏を経営陣に迎え入れました。

 また、今後の経営戦略についても、いろんな角度からアドバイスをいただき、SBIグループからの紹介で地方銀行と提携できたことは、今後の事業戦略を考える上では大きなステップだったと思います。私たちは地方の企業の支援を柱としてビジネス展開をしていますので、SBIグループの地方創生の考えは非常に相性が良いと感じました。

 そして、株式投資型クラウドファンディングを利用して良かったと思ったことは、株主が89人も増えて、株主との対話が生まれたことです。先日、新しい株主も加わった株主総会を開催したのですが、Web会議システムを使ったハイブリッド型の運営としたことで、全国から参加していただいて様々なご意見をいただきました。株主の方々は、出資していただいているので、質問や意見が真剣です。まだ少人数で運営している会社ですから、多くの方々の意見を直接聞くことができるのは、非常に良い経験でした。多くの株主を迎え入れることが、ECFの意義というか、魅力なのだと実感しました。