米インディアナ州インディアナポリスで行われた全米ライフル協会のイベントで展示された拳銃(2019年4月27日撮影、資料写真)。(c)Scott Olson/Getty Images/AFP

写真拡大

【AFP=時事】米テキサス州で24日、男児が3歳になる誕生パーティー中に銃で負傷し、死亡した。警察が26日、明らかにした。

 ヒューストン(Houston)の北東約40キロに位置するポーター(Porter)で24日、男児は家族や友人と誕生日を祝っていた。大人たちがトランプで遊んでいると、銃声が聞こえた。

 モンゴメリー郡保安局(Montgomery County Sheriff's Department)によると、男児は胸に銃による傷がある状態で発見され、消防署に救急搬送されたが、そこで死亡した。

 当局によると、男児は親戚のポケットから落ちた拳銃を見つけたという。

 銃規制強化を訴える団体「エブリタウン・フォー・ガン・セーフティー(Everytown for Gun Safety)」によると、米国では今年、子どもによる意図しない発砲が少なくとも229件起き、97人が死亡している。

 米国では憲法修正第2条で銃の保有の権利が認められており、成人の3分の1が銃を所有している。テキサス州は銃規制が最も寛容な州の一つ。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
米国で急増する銃購入者、パンデミック・抗議デモ・政治情勢にあおられ
銃犯罪根絶を訴えるティーンのラジオ番組 南ア
米国脅かす極右武装勢力「ミリシア」 ミシガン州知事の拉致未遂も