年収400万円夫婦…完全同居の親の死後、理不尽な遺産額で撃沈

写真拡大 (全2枚)

本記事では法定相続の理不尽さを見てみましょう。法定相続では、兄弟全員同じ相続分しかもらえません。誰かひとりが親と同居し、介護をしても、余程のことがない限りその世話をした分は相続分に反映されないのです。親孝行をした人はタダ働き、何もしなかった人は笑う相続人となっていきます。 ※本記事は、青山東京法律事務所の代表弁護士・植田統氏の書籍 『きれいに死ぬための相続の話をしよう 残される家族が困らないために必要な準備』(KADOKAWA)より一部を抜粋したものです。

風呂もトイレも同じ…義理の両親と「完全同居」の嫁

■生前の関係の深さと関係なく決まる法定相続

鈴木家では、三男坊の三郎さんが田舎でお父さんの英樹さんがやっていた農業の仕事を継いでいました。一郎さんや二郎さんは東京の大学へ行かせてもらいましたが、三郎さんを大学に行かせる余裕がなかったので、三郎さんは高校を卒業すると同時に英樹さんの農業を手伝うことになったのです。

農業の仕事では、頑張って朝から晩まで働いても、年間400〜500万円ぐらいの所得にしかなりませんでした。三郎さんには妻の優子さんとの間に涼子さんがいましたが、三郎さんはほとんどお金をもらっていなかったので、東京の大学へ送りだすことはできませんでした。

(※写真はイメージです/PIXTA)

優子さんは結婚してからずっと農業の手伝いをしています。家も昔ながらの農家ですから、今の2世帯住宅とは違い、英樹さん、葉子さん夫婦とお風呂もトイレも同じものを使う完全同居です。

それでも、優子さんは、持ち前の優しさとよく気のつく性格から、葉子さんとは仲良くやってきました。ときどきテレビドラマを見ながら、「私も東京に出て、サラリーマンの奥さんになっていれば、もっと楽しい生活を送れたのに」と思うことはありましたが、そんなことは家ではおくびにも出さず、せっせと農作業と家事に取り組んでいました。

5年前に英樹さんが亡くなった時にも、病院に泊まり込み、明け方亡くなった英樹さんの死に水を取ったのは優子さんでした。そして、由美子さんとの相続争いの後、突然認知症にかかった葉子さんの世話をしているのも優子さんです。

徘徊する義母を必死で探す。都内の血縁者は何もせず…

葉子さんは、ご飯を食べたのを忘れてしまったり、世話をしている優子さんの名前を忘れてしまったりするのですが、優子さんは、持ち前の優しさで辛抱強く面倒を見ていました。

もちろん、東京に出て行った一郎さんの奥さんの真理子さん、二郎さんの奥さんの由美子さん、横浜に住んでいる四郎さんは、何もしてくれません。

それから3年、葉子さんの認知症は重くなる一方で、ときどき徘徊するようになりました。夜中に突然いなくなってしまうのです。そんなときは、優子さんは三郎さんと手分けして、裏山や町へ行く道を捜し、何とか見つけ出しました。

こんな大変な日が続いたのですが、葉子さんも92歳の夏を迎えると、突然体力がガクッと落ち、食事もできないようになりました。最後の1週間は、優子さんが、また病院に泊まり込み、寝ずに世話をしました。

葉子さんは時折意識が戻ることがあり、そのときは優子さんの目を見つめて、しきりに「ありがとう。世話になったね」と言っていました。そして、夏の終わりの暑い日、葉子さんは、ついに病院のベッドで息を引き取りました。大往生です。

田舎ですから家で葬式を出し、先祖代々の墓に英樹さんと一緒に葬られました。

葬式のときに、東京圏に住んでいる一郎さんの子供の拓也さんと静香さん、二郎さんの奥さんの由美子さん、四郎さんとは久々に会いました。

四十九日には、また皆で集まって法要をやることになっています。そして、そのときに相続の話になるのは目に見えています。そこで、三郎さんは、四十九日の前に相続のことを考えておこうと葉子さんの財産を調べることにしました。

葉子さんは、英樹さんから家と農地と1000万円ほどの預金を相続していました。英樹さんが亡くなった時は、葉子さんがすべてを相続し子供には分けなかったのです。

これに加えて、葉子さんは、二郎さんが亡くなった時、2000万円の現金を由美子さんから手に入れています。ですから、田舎の農家の奥さんだったとはいえ、葉子さんは、家と農地と3000万円の預金を持つ資産家でした。

「おかしい、不公平だ!」自分たちの苦労が…

法律によれば、葉子さんの相続人は一郎さんの子供である拓也さんと静香さん(この2人は一郎さんが亡くなっているので、相続権を持ちます。これを代襲相続と言います)、三郎さん、四郎さんです。由美子さんは二郎さんの奥さんですが、葉子さんとの間に親子関係はないので相続権は基本的にありません【鈴木家の家系図】

生前、葉子さんの世話をしてきた三郎さんの奥さんの優子さんも、葉子さんとの間に親子関係はないので、相続権はありません。あれだけ英樹さんと葉子さんの世話をした優子さんが、何ももらえないのです。なんという不公平なことでしょう。

拓也さんと静香さんは、一郎さんの相続分を分け合うことになるので、それぞれの法定相続分や、拓也さんと静香さんが6分の1、三郎さんと四郎さんは3分の1です。このままいくと、家も農地も3000万円の預金もすべてこの比率で分割されてしまいます。

さすがに三郎さんは、「おかしい、不公平だ」と思いました。三郎さん夫婦がこれまでずっと葉子さんの世話をしてきたのに、何の見返りもないのです。

それに、お父さんの英樹さんが生きていた間は、農業の収入は全部英樹さんの預金口座に入るようになっており、三郎さんはそこから生活費と小遣いをもらっていただけで、三郎さん、優子さんが農作業を手分けしてやってきた労働の対価は、何ももらっていません。葉子さんが英樹さんから受け継いだ預金の1000万円は、三郎さんと優子さんの労働の成果でもあったのです。

そこで、三郎さんは、地元の弁護士さんに相談に行きました。

こういう場合、自分たちの苦労は報われないのかと聞くと、弁護士さんから、まず葉子さんへの寄与分について説明がありました。

「それは寄与分という制度があるので、生前に被相続人の財産の増加を助けたり、それが減少することを防いだことは、相続のときに考慮されます。優子さんが葉子さんの療養看護に務めた分は、三郎さんの寄与分として認められます。問題は具体的な金額ですが、付添人を頼んだ場合の費用程度の額となります。


葉子さんは、3年間にわたって認知症を患い、その間優子さんが付添人の代わりをしていますから、毎月7〜8万円、年額で約100万円の費用がかかるとすれば、3年分の300万円程度が寄与分として認められることになるでしょう」と教えてくれました。

「そんなにあるの!?」目の色を変えて親族は喜び…

それから、弁護士さんは、三郎さんの英樹さんの預金に対する権利についても説明してくれました。

「英樹さんが亡くなったときは、全部の財産を葉子さんに相続させるということで親族間の話し合いがついていたのですから、三郎さんは英樹さんの財産に対する相続分を放棄したことになっています。それを今から蒸し返して、葉子さんの持っている預金の2分の1とか3分の2は自分のものだと言うことはできません」

三郎さんと優子さんは、「あれだけ苦労したのに、たったそれだけか」、「親父が生きている間は、農業の収入は全部親父の収入になり、自分たちは生活費を分けてもらっていただけなのに、親父が亡くなる前の貢献は何も見てくれないんだ。親父が死んだとき、ちゃんと分けてもらっておけばよかった」と落胆しました。

それでも、三郎さん夫婦は、農業を続けていくためには、今の家と農地はすべて相続しなければなりません。それだけは絶対譲れない線です。

ここまで考えて、三郎さんは四十九日の場で家と農地は三郎さんへ、3000万円の預金は寄与分300万円を引いて、残りの2700万円を分割する。その結果、拓也さんと静香さんが450万円ずつ、四郎さんは900万円、三郎さんは900万円の相続分に寄与分300万円を加えて1200万円とするということを提案する方針を立てました。

そして、四十九日の日がやってきました。法要と会食が終わると、親族だけが家に残って、相続の話が始まりました。

一郎さんが亡くなった時に、2人で相続争いを演じた拓也さんと静香さんが、いきなり「私たちも6分の1もらえるんでしょう」と切り出します。そして、「おばあちゃんの財産がいくらあったのか、三郎おじさん教えてください」と聞いてきます。

三郎さんは、正直者ですから、葉子さんの財産をすべて教えました。その金額の大きさに、全員びっくりした様子です。それまで、あまり興味を示さなかった四郎さんまで、身を乗り出してきます。「家と農地は兄さんが相続することで異存はないけど、現金については俺はその3分の1だから1000万円もらえるの?」と。

三郎さんは、自分がお父さんの農業をずっと手伝ってきたこと、その結果できたのが、葉子さんが英樹さんから引き継いだ預金1000万円であること、この家もその農業収入で15年前に建て直したものであることを説明しましたが、拓也さん、静香さんは聞く耳を持ちません。

「そんな古い話は知らないよ。今はおばあちゃんの財産の分け方を話しているんだから、おじいちゃんのことは関係ないよ。それより早く500万円振り込んでくれ」と言います。四郎さんもこれに賛同して、「俺は1000万円だ」などと言って、うれしそうな顔をしています。

「そんなの無視だよ」三郎さんが得たものは結局…

三郎さんは、「葉子さんが認知症になってからの面倒を自分と優子さんが見てきたこと、その労働の価値が300万円ぐらいあること」を説明しましたが、四郎さんから、「家と農地は三郎兄さんにあげるんだから、そんなのは無視だ」と軽く一蹴されてしまいました。
こうして、結局、三郎さんが得たものは、家と農地、それに1000万円の預金だけとなってしまったのです。

こうして見てくると、法定相続って、なんて不公平だと思いませんか。被相続人との関係の濃さは全く考慮されず、生まれたときの親族関係だけですべてが決まってしまいます。息子の嫁は、どんなに義理のお父さん、お母さんに尽くしても、相続はできません※。

被相続人が遺言書に「自分の財産を嫁に譲る」と書いていれば別ですが、自分の財産を誰に譲るかについて生前にあまり考えようとしない日本の文化では、遺言書を書く人は極めて稀です。

こうして、不公平な相続が横行します。相続排除(親に対する侮辱、虐待をしたことを理由として、相続人たる地位を奪う家庭裁判所の審判)をされない程度に親との関係を疎遠にしておく。親が経済的に困窮してもほったらかすが、虐待のようなことはしない、これが一番得をする子供ということになります。これが俗にいう「笑う相続人」というやつです。嘆かわしいことではありませんか。
 

※編集部注・・・相続法の改正により、2019年7月1日から「特別寄与料」を請求できるようになった。相続人以外の親族で被相続人に対して特別な寄与をした者(長男の嫁等)は、相続人に対して金銭を請求できる。ただし、特別寄与者と相続人との協議により決定するため、話がまとまらないケースも多い。

植田 統

青山東京法律事務所 代表弁護士