18年前の殺人事件 現場の血痕から容疑者のものとみられるDNAを検出

ざっくり言うと

  • 18年前、東京都杉並区のアパートの一室で、中国籍の男性の遺体が見つかった
  • 警視庁が現場の血痕から容疑者のものとみられるDNA型を検出したことが判明
  • 洗い直し捜査の一環で、DNA型が合致する人物がいないか捜査を進めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x